人工知能学会全国大会論文集
第32回 (2018)
セッションID: 2G1-01
会議情報

UAVを用いた電波発信源の位置推定のための手法比較
*松尾 凌輔来住 航也堀 浩一矢入 健久
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年,UAVの技術が急速に発展し,様々な分野で応用されている.その応用の一つとして,電波発信源を身に着けているターゲットの位置を推定する問題がある.電波発信源の位置推定問題は,ワイヤレスセンサーネットワークの文脈で多くの研究がなされており,最近では,UAVによる電波発信源の位置推定問題に応用した研究も出てきている.ここでは,それらの研究の中でも,UAVでのターゲットの位置推定に利用可能な手法を選び,それらの手法をシミュレーションを通して比較し,計算コストや精度,飛行経路および飛行領域の影響などについての検討を行った.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top