人工知能学会全国大会論文集
第33回全国大会(2019)
セッションID: 3J3-E-4-03
会議情報

チーム内の相互依存性を考慮したチーム交渉戦略
*瀬戸口 大貴ムスタファ アーメド伊藤 孝行
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

自動交渉では、チーム交渉は最も重要な交渉手法の1つとして位置づけられている。チームとは、交渉の過程で複数の相互依存エージェントが交渉当事者として交渉に参加するグループである。既存のチーム交渉戦略は、チーム内の相互依存による決定の変化を考慮していない。本稿では、同一チーム内の相互依存性を考慮したチーム交渉戦略を提案する。この目的のために、提案された交渉戦略では、まずチーム内に存在する相互依存関係を表すパラメータを両方向に設定する。その後、各方向に投票処理が行われる。各チームメンバーの依存度を重み付けすることによって、その依存関係によるエージェント決定の変化が測定される。既存のチーム交渉戦略との比較実験は提案された戦略の効率を示した。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top