人工知能学会全国大会論文集
第34回全国大会(2020)
セッションID: 1G3-ES-5-04
会議情報

モランディの部屋
鑑賞者が作者の作品世界をより深く鑑賞することを可能にする機械学習を活用した体験型展示
*小林 茂桑久保 亮太松井 茂大谷 芳之張 心祈仁泉 大輔
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では、美術作品の鑑賞に対する積極的な評価と機械学習技術の発展に対する関心の高まりを背景に、機械学習を活用した美術作品の新しい鑑賞方法を提案する。20世紀前半に活躍し、独特の構図と色合いで知られるイタリアの画家Giorgio Morandiをテーマに選び、画家のモチーフを再現した物体を鑑賞者が自由に配置して構図を決め、機械学習(pix2pixおよびCycleGAN)によって画家の色合いを再現した画像を生成して表示する体験型展示を開発した。29人を対象としたアンケート調査の結果より、この作品を体験することにより画家に対する関心が深まったことが確認できた。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top