日本応用数理学会年会予稿集
日本応用数理学会年会予稿集
セッションID: R03
会議情報

R03 精度保証付き数値計算の最近の話題(1)
Cdomain: 関数の解析性判定付の円板算法システム
*杉浦 洋加藤 智之
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

複素変数の四則演算,指数関数,対数関数などの基本関数について,入力変数ベクトルの定義域を多重円板(各変数の定義円板領域の直積)で与えたとき,その値域を包含する円板を計算するシステムを円板算法システムという.このシステムにより,基本関数による任意の合成関数について,変数の変動による関数値の変動の厳格な評価がえられる.
さて,基本関数に対しては,入力多重円板上でその関数が解析的かどうかは簡単に判定できる.合成関数に関しては,円板算法システムにおけるその関数の計算過程で,全ての基本関数に対する入力多重円板が特異を含まなければ,その入力多重円板上で解析的である.
この原理による,複素関数の解析性の判定能力をもつ円板算法システム,Cdomain とその応用について発表する.

著者関連情報
© 2002 日本応用数理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top