海岸工学論文集
Online ISSN : 1884-8222
Print ISSN : 0916-7897
ISSN-L : 0916-7897
大気-海洋-波浪結合モデルに基づく伊勢湾の流動・密度構造の数値解析
村上 智一川崎 浩司山口 将人
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 53 巻 p. 341-345

詳細
抄録

伊勢湾の海水流動は, 風による吹送流, 日射による成層化, 降水・蒸発などの気象場からの影響を強く受ける. それ故, 伊勢湾の流動・密度構造の数値解析を行うには, 気象場からの影響を適切に評価できる数値モデルが必要となる. そこで本研究では, 気象モデル, 海洋モデルおよび波浪モデルを結合させた大気-海洋-波浪結合モデルを用いて, 春夏秋冬の伊勢湾の海水流動を計算し, この結果に基づき, 流動・密度構造の解析を行った. そして, 成層の発達・破壊過程やそれに伴う流動場を示すと同時に, 風, 日射などの気象場の変動に起因して湾内の流動・密度構造が大きく変化することを明らかにした.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top