地震工学研究発表会講演論文集
Online ISSN : 1884-8435
ISSN-L : 1884-8435
1999年集集地震による石岡ダムの被害要因に関する一考察
杉村 淑人野中 樹夫森 敦劉 銘崇藤田 亮一
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 26 巻 p. 45-48

詳細
抄録

本論文は、1999年9月21日の台湾集集地震により被害を受けた石岡ダムに見られた損傷の特徴について述べるとともに、堤体コンクリートのひとつに生じた柱基部断面をダム軸方向に沿って斜めに貫通する大きな亀裂に着目して、その発生メカニズムについて考察したものである。地震時のダム構造物と周辺地盤の挙動について仮説を立て、その検証解析を行った結果、表層地盤の水平方向の動きとダム構造の特殊性が、着目した損傷の要因である可能性が示された。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top