理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
高校競泳選手の泳法の違いによる呼吸機能,胸郭拡張差の差異の検証
江越 正次朗國分 裕一栗木 明裕江郷 功起古賀 寿記
著者情報
キーワード: 泳法, 呼吸機能, 胸郭拡張差
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 36 巻 3 号 p. 421-425

詳細
抄録

〔目的〕泳法の違いにより呼吸機能や胸郭拡張差に差異を生じるか検討することとした.〔対象と方法〕水泳部に所属した高校1年生から3年生までの89名を対象とした.対象者に対し,泳法別に呼吸機能,胸郭拡張差について比較した.〔結果〕1秒率(FEV1/FVC)において,背泳ぎよりも自由形で有意に高値を示した.また,胸郭拡張差の第10肋骨部において,自由形よりも背泳ぎで有意に高値を示した.〔結語〕競技力向上へのアプローチとして,自由形では,FEV1/FVCを高めることが必要とされる可能性があり,また,背泳ぎでは下部胸郭の可動性を高めることが必要とされる可能性が推察された.

著者関連情報
© 2021 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top