日本臨床外科医学会雑誌
Online ISSN : 2189-2075
Print ISSN : 0386-9776
Meckel憩室より発生した腺癌の1例
本邦報告例14例の検討
平松 和洋関本 衛長谷川 洋中村 隆昭
著者情報
キーワード: Meckel憩室, 腺癌
ジャーナル フリー

1993 年 54 巻 8 号 p. 2125-2129

詳細
抄録

症例は62歳女性,腹痛,嘔気,嘔吐を主訴として入院した.小腸造影では小腸に憩室を思わせる造影剤の貯留を認め, CTでは骨盤内に充実性の腫瘤を認めた.これらの検査所見より小腸憩室由来の腫瘍を疑ったが第4病日に穿孔性腹膜炎を併発したため手術を施行した.回盲部より約70cm口側,腸間膜対側にMeckel憩室が存在し,その先端に鶏卵大の腫瘍を認め,憩室中央には穿孔を認めた.明らかな他臓器転移は無かった. Meckel憩室を含めた小腸部分切除を施行した.腫瘍は病理組織学的には高分化~未分化腺癌よりなる多彩な像を呈していた.憩室内には異所性胃粘膜が存在し腫瘍はこれより発生したものと推察された.化学療法を施行したが術後9ヵ月で癌性腹膜炎により死亡した. Meckel憩室癌の本邦報告例14例の集計を行い若干の考察を加えた.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top