人間環境学研究
Online ISSN : 1883-7611
Print ISSN : 1348-5253
ISSN-L : 1348-5253
日本における謙虚と人生満足度
津田 恭充髙沢 佳司
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2024 年 22 巻 1 号 p. 61-68

詳細
抄録

本研究の目的は、自己報告のほかに潜在指標も用いて謙虚と人生満足度の関係を調査することであった。研究1では、回答バイアスに影響されずに謙虚を測定できる謙虚―傲慢潜在連合テストの日本語版を開発し、その妥当性を確認した。研究2では、自己報告式の質問紙によって測定した顕在的謙虚と潜在連合テストによって測定した潜在的謙虚がそれぞれ人生満足度とどのように関連しているかを調査した。その結果、顕在的謙虚は人生満足度と有意な相関を示さなかったが、潜在的謙虚は人生満足度と有意な正の相関を示した。年齢と性別を統制しても同様の結果が得られた。これは、謙虚は単なる社会的美徳ではなく、自分自身にとってもポジティブな行動特性であるという仮説を支持するものであった。

著者関連情報
© 2024 人間環境学研究会

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top