J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

大気環境学会誌
Vol. 43 (2008) No. 5 P 273-283

記事言語:

http://doi.org/10.11298/taiki1995.43.273


名古屋市における国道23号沿道において, PM2.5およびopdcal black carbon (OBC) の測定を2003年9月30日から10月10日まで行った。その結果, PM2.5の平均濃度は76.5μg/m3 (n=234), OBCの平均濃度は15.5μg/m3 (n=241) であった。OBCがPM2.5に占める割合は平均22.3%であった。OBC濃度と大型車交通量との間には正の相関があり, 特に道路に対して風下, 風速3m/s以上の条件では強い相関関係が見られた。また, 同時にelemental carbon (EC) も測定し, OBCとECとの間には直線関係が見られた。これらの関係とNOx濃度を用いてECの排出係数を推定したところ大型車に対して368mg/km・台という値が得られた。また, 拡散計算を用いてECの排出係数を推定した結果は大型車に対して261mg/km.・台であった。
また, 一般環境中における一日ごとのPM2.5とECの測定を2005年1月から2006年12月まで行った。その結果, PM2.5の2005年の平均濃度は23.1μg/m3 (n=193), 2006年は24.6μg/m3 (n=182) であった。ECは2005年, 2006年ともに平均濃度が3.2μg/m3となり, ECがPM2.5に占める割合は, 2005年が15%, 2006年は14%であった。また, EC濃度は月曜日から金曜日までの平日は濃度が高く3.5μg/m3であるのに対し, 日曜日には2.0μg/m3となり, 平日よりも約40%濃度が低下していた・求めた排出係数を用いてADMER (産総研-曝露・リスク評価大気拡散モデル) を用いて2005年の大気中濃度を月別に推計したところ, 計算値のEC濃度変動は実測値の変動と類似したものとなった。

Copyright © 大気環境学会

記事ツール

この記事を共有