Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
ミニレビュー(日本糖質学会編集論文)(日本語)
分子シミュレーションとNMR分光法の組み合わせによる糖鎖の動的立体構造の描像
山口 拓実
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 32 巻 187 号 p. J79-J84

詳細
抄録

糖鎖機能の構造基盤を正しく理解するためには、立体構造の揺らぎを含めた動態としての描象が重要となる。常磁性効果を活用した核磁気共鳴(NMR)法と、分子シミュレーションを組み合わせることで、糖鎖の動的立体構造を解析する方法論を確立した。この手法により、ガングリオシドの糖鎖構造や、糖タンパク質の品質管理に関わる高マンノース型糖鎖のコンフォメーションを明らかにした。さらに、静的な構造解析だけでは捉えることができない、レクチンと糖鎖の動的な相互作用機構についても理解が進んだ。標的タンパク質に対する親和性や特異性を高めるために、遊離糖鎖の配座空間探査に基づいた新たな分子設計を行うことも可能となってきた。

著者関連情報
© 2020 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top