Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
ミニレビュー(日本語)
糖鎖の分子動力学シミュレーション
李 秀栄山口 芳樹杉田 有治
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 32 巻 188 号 p. J93-J98

詳細
抄録

糖鎖がもつ3次元立体構造(コンフォメーション)の多様性は、それらの生物学的機能に必要不可欠である。分子動力学—MD (Molecular Dynamics)—シミュレーションは、実験で捉えることが難しい生体分子の立体構造を原子解像度で描き出す。しかしながら、糖鎖の構造は際立って複雑かつ柔軟なため、MDシミュレーションも容易でない。本稿では、効率的な構造探索法を用いた糖鎖MDシミュレーションの最近の取り組みをまとめる。MDシミュレーションにより、糖鎖そのものに加え、複合糖質や糖鎖複合体の多様な立体構造が原子解像度で明らかになってきた。シミュレーションは、実験結果の解釈に留まらず、実験を予測し糖鎖構造–機能相関の研究を牽引する手段となりつつある。本稿が、シミュレーションと実験の新たな統合研究のきっかけになれば幸いである。

著者関連情報
© 2020 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top