可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
砂泥互層に含まれる泥凝集体の形状再構成に関する検討
大山 裕之荻野 誠也佐藤 徹安田 尚登天満 則夫長尾 二郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 38 巻 6 号 p. 17-25

詳細
抄録

 将来のエネルギー源としてのメタンハイドレートは,日本近海の海底下にある砂泥互層の砂層孔隙内に存在しているが,この砂層内に泥の凝集体(フロック)というものが存在している事が明らかになっている.このフロック粒子の形状を把握し,かつ数値的に再構成する手法を確立しておくことは,海底下堆積層内でのガス・水の流動状態を数値的に明らかにする場合に必要となる.そこでサンプルより抽出したフロック粒子を観測装置上にて顕微カメラを用いた撮影を行い,コンピュータビジョンの一手法であるステレオ法を用いて3Dモデルの再構成を行った.微細かつ特長の少ない対象であり,被写界深度の浅い顕微カメラを用いているため,適するソフトウェアの仕様の決定と,撮影条件と精度の検討も行っている.この3Dモデルを元にして,数値計算で容易に使用できる手法の球面調和関数展開によるフロックの数値モデル化を行った.これらにより,これまで未知であったフロックの形状モデリング手法を提案した.

著者関連情報
© 2018 社団法人 可視化情報学会
feedback
Top