可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
ISSN-L : 1346-5252
1億枚/秒のマルチフレーミングセンサによる飛翔する光の撮影
高野 保英沖中 知雄竹原 幸生中野 人志下ノ村 和弘林 直樹三井 鷹江藤 剛治
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 39 巻 9 号 p. 35-40

詳細
抄録

 超高速撮影のためにマルチ電荷収集ゲートイメージセンサを発明し,開発した.このイメージセンサとカメラの性能は以下の通りである.構造:裏面照射マルチ電荷収集ゲートイメージセンサ(BSI MCG image sensor),時間分解能:10 ns,画素数とフレーム数:約60万画素に対して5フレーム(約30万画素に対して10フレーム).このイメージセンサを用いたテストカメラで,他の特殊撮影技術を併用することなく,飛翔するレーザ光の連続撮影に成功した.まだいくつかの問題点を残しているが,MCG BSIイメージセンサが正しく機能することを光の飛翔というわかりやすい例で証明することができた.

著者関連情報
© 2019 社団法人 可視化情報学会
feedback
Top