都市有害生物管理
Online ISSN : 2435-015X
Print ISSN : 2186-1498
資料
実験動物用飼料におけるコクヌストモドキとヒラタコクヌストモドキの発育
木村 悟朗宮ノ下 明大谷川 力
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 8 巻 2 号 p. 57-60

詳細
抄録

実験動物用飼料を用いて,コクヌストモドキとヒラタコクヌストモドキの発育試験を行った.コクヌストモドキの平均発育個体数は119.5 ± 51.7 個体,ヒラタコクヌストモドキでは87.5 ±39.7 個体であった.放飼36日後,コクヌストモドキでは発育個体の67.3 ± 9.2% が成虫であったが,ヒラタコクヌストモドキでは21.3 ± 4.1% が成虫であった.いずれの種においても,対照区である小麦全粒粉と比べて,発育が遅延した.これらの結果から,本試験で使用した実験動物用飼料でコクヌストモドキ類は発育可能であるが,それらの好適な餌ではないと考えられる.

著者関連情報
2018 都市有害生物管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top