都市有害生物管理
Online ISSN : 2435-015X
Print ISSN : 2186-1498
短報
ヒメアカカツオブシムシに対するフェロモントラップ2 種の捕獲性能の比較
今村 太郎古井 聡宮ノ下 明大
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 9 巻 2 号 p. 37-41

詳細
抄録

2012 年に国内で開発されたヒメアカカツオブシムシ用のフェロモントラップ「ヒメアカカツオブシムシ用TRIOS®」(富士フレーバー株式会社製,以下トリオスと記す)と海外製のフェロモントラップ「ヒメアカカツオブシムシ・キマダラカツオブシムシ(KB/WB)用DOME ™ Trap」(Trécé Inc. 製,以下ドームトラップと記す)のヒメアカカツオブシムシ雄成虫に対する捕獲性能を比較した.プラスチック製容器(内寸:幅55.0 ×奥行38.4 ×高さ4.1 cm)にトラップを設置後,50 頭のヒメアカカツオブシムシ雄成虫を放し,48 時間後に捕獲数を数えた.トリオスとドームトラップの捕獲率はそれぞれ88.8% と58.6% であり,トリオスの方がドームトラップより有意に捕獲率が高かった.

著者関連情報
2019 都市有害生物管理学会
次の記事
feedback
Top