湿地研究
Online ISSN : 2434-1762
Print ISSN : 2185-4238
エストニア湿地へのスタディツアー
丸山 英樹齋藤 有香吉田 陽香
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 10 巻 p. 47-52

詳細
抄録

エストニア共和国は小さな国であるが,大きな湿地を持ち,持続可能な開発に関する市民活動も多い国の一つである.他方,日本の大学や非政府組織は海外スタディツアーを行ってきて久しい.近年は特に,持続可能な開発をテーマにしたスタディツアーが見られるようになった.本レポートでは,持続可能な開発のうち湿地に着目したエストニアへのスタディツアーについて紹介する.まずスタディツアーの概要について紹介した後,現地のリソースと日本側となる大学の単位付与についての組み合わせおよび工夫を記す.最後に,教育プログラムとしての湿地のワイズユースの可能性をラムサール条約における CEPA プログラムの枠組みから捉える.

著者関連情報
© 2020 日本湿地学会
前の記事 次の記事
feedback
Top