山野研究紀要
Online ISSN : 2433-6424
Print ISSN : 0919-6323
社会福祉専門教育における社会福祉専門職養成を巡る課題
山井 理恵
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2000 年 8 巻 p. 61-71

詳細
抄録

現在,他の対人援助職による社会福祉領域への参入や福祉系大学・学科の新設,大学と社会福祉施設・機関との乖離などにより,社会福祉専門教育の意義が改めて問われている。本稿では,大学という場の持つ(1)一般教育,(2)学問研究という二つの側面から,社会福祉専門職養成が大学で行われる必要性を論じた。その結果,一般教育を習得することにより専門にとどまらない視野を広げることができること,また理論と実践の「往復作用」の方法を学ぶことで,自分たちの業務のあり方を検討したり新たな業務を開拓していくことができることを提示した。また,現在,乖離が叫ばれる社会福祉専門職養成と社会福祉専門教育を融合・発展させる方向性として,原理的な法則とそれを具体化するための技術の関係を手がかりに,学生が理解しやすい教授法のあり方を検討することを課題として提示した。

著者関連情報
© 2000 学校法人山野学苑 山野美容芸術短期大学
前の記事 次の記事
feedback
Top