経済史研究
『経済史研究』は、1929年7月に京都で組織された経済史研究会が同年11月に創刊し、1933年3月からは、京都に開設されていた日本経済史研究所が発行を引き継いだ、わが国最初の経済史専門の学術誌です。戦前は月刊で発行されていましたが、1945年1月の第178号で終刊を余儀なくされました。
しかし、戦後、大阪経済大学に移った日本経済史研究所によって、1997年に装いも新たに年刊として復活しました。2007年からは査読体制を整えて投稿論文の受付も始まりました。多様性に富む良質な論考を掲載する学術誌として、着実に存在感を高めています。 


編集委員
三輪宗弘(九州大学)/今野孝(福岡大学)/江藤彰彦(久留米大学)/天野雅敏(岡山商科大学)/坂本優一郎(関西学院大学)/ 廣田誠 (大阪大学)/ 宮本又郎(大阪大学名誉教授)/大島真理夫(大阪市立大学名誉教授)/ 脇村孝平(大阪市立大学)/水原紹(大阪学院大学)/足立芳宏(京都大学)/西牟田祐二(京都大学)/渡邊純子(京都大学)/柴孝夫(京都産業大学)/川満直樹(同志社大学)/渡邊 忠司(佛教大学名誉教授)/家近良樹(大阪経済大学)/内山一幸(大阪経済大学)/閻立(大阪経済大学・編集委員長)/髙橋亘(大阪経済大学)/藤本髙志(大阪経済大学)/山本正(大阪経済大学)/吉田建一郎(大阪経済大学)/大塚好晴(大阪経済大学日本経済史研究所事務室)
もっと読む
収録数 31本
(更新日 2018/08/19)
Online ISSN : 2433-6386
Print ISSN : 1344-803X
ジャーナル 査読 フリー
月間アクセス数ランキング 2018年07月
このページを共有する
feedback
Top