詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 天野 宏司
    日本地理学会発表要旨集
    2012年 2012s 巻 319
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/08
    会議録・要旨集 フリー
    埼玉県秩父市では,アニメーションを積極的に活用し旅客誘致をはかるため秩父アニメツーリズム実行委員会を組織している。2010年には『銀河鉄道999』を,2011年には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を活用し,誘客に効果を上げた。本報告は,この実行委員会の一員として知り得た事情を含め,コンテンツツーリズムの成果と課題を報告する。
  • 公野 勉
    マス・コミュニケーション研究
    2018年 92 巻 23-39
    発行日: 2018/01/31
    公開日: 2018/05/10
    ジャーナル フリー

    The author is a researcher and a person in charge of content production.

    In recent years, there has been an increase in content that intentionally serves

    regional development and an increase in content that contemplates the establishment

    of local sacred sites. By taking the content that the author was in charge

    of directly as subjects for fieldwork, the structure and the achievement of the

    four types of content work are reported, and the merits and demerits of all four

    are analysed. The four types include the centre-to-region delivery type, the selfhelp

    support type established through investment, the region-centre linked

    type, and the central production plus regional capital type. Moreover, as conclusions

    are drawn from the field data, the basic model for regional development is

    presented with the following components: a) tourist attractions to be provided

    as regional contributions, b) human resources to be supplied regionally (e.g., a

    creator such as a cartoonist located in a regional area whose talent was discovered

    through a contest, and the business producer who set up the contest), c)

    capital to be offered by regional areas, and d) a central area that spreads

    regional information, using central media and production capabilities as filters

    (e.g., to produce content such as movies based on regional information, and to incorporate them in central media). As a result, this paper discusses and concludes

    that the ultimate potential of regional communities lies in their role as

    ‘the place to locate talent and to deliver and supply them to the central community’.

  • 五十嵐 大悟
    情報の科学と技術
    2015年 65 巻 5 号 200-205
    発行日: 2015/05/01
    公開日: 2017/04/13
    ジャーナル オープンアクセス
    成長産業として捉えられている「コンテンツ」を地域振興に活用しようという動きが見られるが,本論ではコンテンツの語彙を精確に定義し,かつそれに包含され得ない生の体験を,エクスペリエンスという語を以って定義することで,健全な議論の基礎を構築する。更に情報の社会的性質を示し俯瞰的に論じる。その上で筆者が学術的フィールドワーク及び,アニメーション製作の実務経験を元に,コンテンツを用いる地域振興においてはコンテンツとエクスペリエンスの双方の視点から実践,研究する必要性とアイディアを示す。本論は,地域における情報のハブを構築する実務にてプラクティカルに活用できる知見の提供を行う。
feedback
Top