詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "エスコートキッズ"
4件中 1-4の結果を表示しています
  • 乾 真寛
    産学官連携ジャーナル
    2021年 17 巻 5 号 24-26
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/06/09
    ジャーナル フリー
  • 岡本 直也
    スポーツ産業学研究
    2020年 30 巻 1 号 1_69-1_79
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/01/24
    ジャーナル フリー
       Recently, sports sponsorship has been playing a more important role in corporate marketing activities. Sports sponsorship has been recognized widely as an effective tool, not only for improving corporate image, but also for contributing to revenue increase and recruitment activities of companies. Due to the economic development in emerging countries, not only companies in developed countries such as western European counties and Japan, but also local companies in South East Asia have started to utilize sports sponsorship as part of their means of communication to consumers. In those countries in South East Asia, there are various differences between Japanese and non-Japanese companies in regard to the process of sponsorship activities, ranging from acquiring rights to activation. This article highlights the differences in the process of sponsorship activities between Japanese and non-Japanese countries in the SEA GAMES, the largest multi-sports event in South East Asia.
  • 藤本 宏美, 犬飼 義秀
    スポーツ産業学研究
    2012年 22 巻 1 号 219-226
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/04/25
    ジャーナル フリー
        The great East Japan earthquake, which occurred on 11 March, 2011 caused great damage all over Japan.
        In this paper, two Japanese football clubs are discussed to give examples of “assistance to affected areas and sports” . The first, SAGAWA SHIGA FC, is a company team which united to work for earthquake disaster reconstruction assistance and expanded the circle of support together with people’ s activity in the base area. They are an amateur Japanese association football club based in Moriyama, Shiga. They are members of the JFL. The second, SANFRECCE HIROSHIMA, gave reconstruction assistance through a charity match against J1 and J2 teams of the neighborhood and expanded support for activities in sports.
  • 井上 俊也
    人間生活文化研究
    2019年 2019 巻 29 号 275-286
    発行日: 2019/01/01
    公開日: 2019/10/10
    ジャーナル フリー

     大妻女子大学の正課外キャリア科目である大妻マネジメントアカデミー(OMA)ではTOEIC®対策としてスマートフォン上の英単語アプリを利用したeラーニングを行っている.この取り組みを潜在的受験生であり,スマホネイティブ世代である高校生に認知させ,体験してもらうために,英単語アプリとコラボレーションした.潜在的な受験生に対し商品・サービスを体験してもらうというブランドアクティベーションの手法を用い,大妻女子大学への受験を誘引することを目的とした. 具体的には,eラーニングアプリの英単語テストの名称ならびに画面に大妻女子大学という名称を露出させてブランド認知を高めるだけではなく,英単語アプリ利用者の中で希望者には大学案内を送付し,さらに先着100名限定で大学オリジナルグッズを進呈し,eラーニングの体験によって大妻女子大学への受験を誘引する取り組みを行った.結果として,ブランド認知につながるテストの受験者数についてはまずまずの成果を残し,スマホのポップアップ告知も有効であった.しかし,実際の受験につながるブランドアクティベーションについては,他の取り組みと比較しても極めて低調であり,高校生に対する広報の手段,媒体について再考する契機となった.また,この英単語アプリはデータベース機能を改善すれば,スマホネイティブ世代に対する強力なデジタルマーケティングツールとなる可能性を秘めている.

feedback
Top