詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ニューアイルランド島"
16件中 1-16の結果を表示しています
  • ニューアイルランド島のウリ像を対象にして
    山口 徹, 臺 浩亮
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    2016年 2016 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/23
    会議録・要旨集 フリー
    ウリとは、ビスマルク群島ニューアイルランド島の村々で製作された木製祖霊像である。おもに、独領ニューギニアの植民地経営が確立した20世紀初頭に収集され、欧米を中心に博物館や個人コレクションとして255体あると言われている。発表では、収集側と土着の人びとの目論見の交差、すなわち「ダブル・ビジョン」の歴史的産物として、これらウリ像の形態的特徴を分析しうるか検討する。
  • 増井 暁夫
    蝶と蛾
    1999年 50 巻 3 号 165-168
    発行日: 1999/06/30
    公開日: 2017/08/10
    ジャーナル フリー
    パプアコムラサキ,Apaturina erminiaはモルッカ諸島,ニューギニア島,ソロモン諸島に産する広域分布種である.本種はermineaと綴られることが多いが,Cramer(1779)の原著ではerminiaとされているので注意を喚起したい.ビスマルク諸島からもApaturinaに所属する個体群が知られ,最も古くはニューブリテン島を基産地とするApaturina erminea[sic]var.neopommeraniaがHagen(1897)により記載されている.ビスマルク諸島産のneopommeraniaについてはerminiaと別種と認める説があり,たとえばザイツのFruhstorfer(1913)やユンクのカタログでのStichel(1938)は別種の立場を,また最近のD'Abrera(1977)などではneopommeraniaをerminiaの亜種として扱っている.著者の見解としては,パプアコムラサキ,A.erminiaは,少なくとも北モルッカ,南モルッカ,ニューギニア,ソロモン諸島の4地域でそれぞれ顕著な固有の変異集団があると見なされ,ビスマルク諸島だけを独立種として扱うことには同意できない.さてその後,ビスマルク諸島に所属するニューアイルランド島にもパプアコムラサキが産することがFruhstorfer(1904,1913)により記述されたが,「A.erminiaの新亜種」あるいは「A.neopommeraniaの地域変異型」と表記されたにとどまり,命名されなかった.1938年に出版されたユンクのカタログにおいて,Stichel(1938)は「Bryk氏によりニューアイルランド島産のA.neopommeraniaに対して亜種名elzuniaが与えられる予定である」と記述し,その出版が同年内に行われることを予告したが,実際にはBrykによる命名は翌1939年の出版物においてなされた.ニューアイルランド島産のパプアコムラサキ,A.erminiaに対して,Morita&KawamuraがFutao誌第27号(1998)において新亜種sorimachiiを与えている.しかしながら,同島産の本種には,上述したようにBryk(1939)により亜種名elzuniaが与えられている.したがって,sorimachiiはelzuniaのjunior synonymであると結論される.
  • 矢崎 克己
    やどりが
    2000年 2000 巻 186 号 30-31
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2017/08/19
    ジャーナル フリー
  • 福田 宏樹
    蝶と蛾
    2004年 55 巻 2 号 76-82
    発行日: 2004/03/20
    公開日: 2017/08/10
    ジャーナル フリー
    Thyas miniacea(Felder&Rogenhofer,1874)はフィジー,サモア,ニューヘブリデス諸島に原名亜種を産し(Robinson,1975),ニューカレドニアに亜種ruburior Holloway,1979,小スンダ列島,モルッカ諸島,ニューギニア,オーストラリア(ノーザン・テリトリー,クイーンズランド),ビスマーク諸島,ソロモン諸島に亜種regia Lucas,1894が知られている(Holloway,1979).原名亜種とされるニューヘブリデス諸島の個体群について2頭を検したHolloway(1979)によると,亜種rubriorと亜種miniaceaの中間的な特徴を示すという.しかし,筆者の手元にあるタンナ島産の5♂の個体は後翅表面の黒色紋が著しく発達し,原名亜種とは異なる.将来,別亜種になるかも知れない.デューク・オブ・ヨーク諸島産の1♀(Fig.13)は後翅表面の黒色紋の発達が大変弱く,一見亜種rubriorに似る特異な個体であるが,ニューアイルランド島の個体は典型的なregiaの特徴を示しており,個体変異と推定される.筆者は今まで記録の無かったスラウェシとフィリピン産の本種の標本を入手し既知亜種と比較した.その結果,スラウェシの個体群は,内横線が不明瞭,腎状紋の下部が例外なく非常に発達する,弓状の外横線の角度が既知亜種と異なる,後翅表面の黒色紋の発達が弱いこと等で既知亜種と異なり,また,フィリピンの個体群は,内横線が明瞭,腎状紋が発達する,外横線が既知亜種と異なり雌雄とも直線的になる,内横線と外横線が内縁で非常に接近する,後翅表面の黒色紋が発達する等,特異なものであることが分かった.以上の点からスラウェシ産およびフィリピン産は,それぞれ新亜種と認められるので,Thyas miniacea sulawesensis ssp.n.およびThyas miniacea philippinensis ssp.n.として記載した.筆者はまた,スラウェシ産のシタベニコノハThyas honesta Hubner,1824を記録したが,同地は今までT.honestaの記録も欠く地域であった.
  • 佐藤 幹夫, 村上 文敏, 棚橋 学, 西村 昭
    日本地質学会学術大会講演要旨
    1995年 1995 巻
    発行日: 1995/03/20
    公開日: 2017/08/24
    会議録・要旨集 フリー
  • 西村 昭, 湯浅 真人, 仲宗根 徹, 中原 昌樹, 井岡 昇
    日本地質学会学術大会講演要旨
    1995年 1995 巻
    発行日: 1995/03/20
    公開日: 2017/08/24
    会議録・要旨集 フリー
  • 春日 直樹
    文化人類学
    2015年 79 巻 4 号 444-446
    発行日: 2015/03/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル フリー
  • 吉村 浩, 合田 政次, 村尾 彰
    日本航海学会誌 NAVIGATION
    2001年 149 巻 107-110
    発行日: 2001/09/25
    公開日: 2017/06/30
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 1. パプア・ニューギニア
    山本 由徳, 猪俣 伸道, 小合 龍夫
    熱帯農業
    1987年 31 巻 1 号 28-39
    発行日: 1987/03/01
    公開日: 2010/03/19
    ジャーナル フリー
  • 焼畑がひろげる緑の砂漠
    古川 久雄
    東南アジア研究
    1974年 11 巻 4 号 532-544
    発行日: 1974年
    公開日: 2018/06/02
    ジャーナル フリー
  • 我が国の防災対策への教訓
    今村 文彦
    海洋開発論文集
    2004年 20 巻 15-19
    発行日: 2004年
    公開日: 2011/06/27
    ジャーナル フリー
    The paper introduces the activity for disaster mitigation of tsunami in Pacific ocean after the 1960 Chilean tsunami, which should be lessons to improve the research and public work for the mitigation in Japan. The Japan Meteorological Agency (JMA) failed to issue an effective tsunami warning for the tsunamis of the 1960 Chile Earthquake, being aware that international cooperation is essential. Through the experience of the 1960 tsunami, the two international cooperation organizations; ICG/ITSU and PTWC were started to establish the far-field tsunami warning system in the Pacific ocean. JMA also exchanges of tidal data with the United States of America and other states, monitoring the data of foreign eighteen stations in this area. DART, TIME in US, and Pacific museum are introduced for the early time warning system with high accuracy, making hazards maps to increase people awareness and evacuation system, and public education by providing documentation, exhibition, workshops, and lectures.
  • 石川 元助
    民族學研究
    1949年 13 巻 4 号 360-376
    発行日: 1949年
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 恵一
    日本英語教育史研究
    1993年 8 巻 23-39
    発行日: 1993/05/10
    公開日: 2012/10/29
    ジャーナル フリー
  • 前之園 望
    フランス語フランス文学研究
    2013年 103 巻 201-216
    発行日: 2013/08/30
    公開日: 2017/03/31
    ジャーナル フリー
    En juin 1948, la galerie Andree Olive a Paris publie le catalogue Oceanie a l'occasion d'une exposition consacree a ce sujet. Pour ce catalogue, Andre Breton redige un <<Avant-propos>> et compose cinq petits poemes, dont le poeme <<Uli>> accompagne d'une photo d'un fetiche uli. L'uli est un des malanggans oceaniens ; on utilise cette effigie pour le culte Uli, une sorte de rite funeraire. Homme debout, cette sculpture en bois represente a la foil l'ancetre mort et l'entite lunaire. Cependant, le poeme <<Uli>> commence par le vers <<Pour sur tu es un grand dieu>>, alors que l'uli n'est pas un dieu. Cette oeuvre poetique qui se compose de onze vers enumere les descriptions de <<toi>> ; au debut, le lecteur croit que toi-interlocuteur est l'uli de la photo a cote du poeme. Pourtant, il s'avere peu a peu que les vers descriptifs ne sont pas tellement fideles a la reproduction de l'effigie. Par exemple, l'uli de la photo etant hermaphrodite avec ses seins et son sexe viril, <<toi>> dans le poeme est qualifie de <<vieux paysan>> qui n'est que masculin. En fait, en se proposant de representer par le poeme un fetiche oceanien mais en n'actualisant pas cette promesse-ou du moins en y glissant un ecart, le poete developpe discretement une autre image inattendue sous le voile de cette description : l'image poetique des Grands Transparents. Pendant la Seconde Guerre mondiale, Breton propose de penser a un <<mythe nouveau>>, et propose, par sa part, celui des Grands Transparents. Sans se reconnaitre, l'homme vit dans ces titres hypothetiques comme un parasite, et eux se conduisent en retour selon leur propre besoin qui n'a aucun rapport avec l'homme ; mais l'activite de l'homme depend de leur comportement, et vice versa. Ils ont surtout ceci de caracteristique qu'ils echappent parfaitement au systeme de references sensorielles de l'homme a la faveur d'un camouflage ou d'un mimetisme. Le poeme <<Uli>> incarne d'autant plus essentiellement les Grands Transparents qu'il a aussi recours a un mimetisme : en apparence il est un poeme representant l'effigie uli, mais camoufle une evocation discrete des Grands Transparents.
  • 本土資本支配下の遠洋カツオ漁業
    吉木 武一
    人文地理
    1972年 24 巻 5 号 506-526
    発行日: 1972/10/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    1) Bonito south sea fishering by the Okinawa people has been remarkably developed for these years. Blessed with abundant source of bonitos, they are getting much of a large quantities of them at Bismark Sea, Solomon Sea and Coral Sea as their fishing ground.
    2) It is the big fisherng companies at the Main Island which controlled the Okinawa's south sea bonito fishery. They made contact with local governments, got the fishing right there and charted the Okinawa bonito ships for it. They carry on buying business of bonito catch at such bases as Madung (New Guinea), Kavieng (New Foundland), Rabaul (New Britain) and Guadalcanal.
    3) Bonito price is unreasonablly low fixed at these fishing bases. Since the economic position of the Okinawa fishering enterprises is extremely inferior to that of the colossal Mainland fishery companies, the market price is onesidedly settled by the latter.
    4) The place where the bonito fishering is the most developed are Islands of Irabu and Ikema in the Miyako Archipelago. Fishers working to the south sea from these islands are over 700 persons in 1971. It has caused extreme decline of the coastal fishery of the village itself.
  • 秋道 智彌
    島嶼研究
    2000年 2000 巻 1 号 1-14
    発行日: 2000年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    Interactive perspectives to see the island world from the sea, and to see the ocean from the island are proposed as a new approach in the study of island history and culture. Special emphasis is paid to entry rights and territoriality in fishing. Examples are provided from the author's field research in Micronesia, Indonesia and Japan.
    In modern Japan, agreements over entry rights are documented between fishermen coming from the outside and those who accept them as their counterparts. These agreements are often based on customary practices during back to feudal periods. However, territorial claims by local fishermen to exclude outsiders from claimed sea space has also been guaranteed. The existence of privileged fishermen who can use extensive sea areas for fishing among contemporary Itoman fishermen and ama-divers during historic periods (12 and 15 centuries) clearly demonstrates the top-down organization of political authority. In Japan, these formal aspects are a key to an understanding of modern Japanese fisheries. Double standards applied to incoming fishermen in the Kai Islands of eastern Indonesia suggest changing perceptions of the postwar modernization of fishing. Historical transformations in the practices of entry rights and territoriality thus reveal the dynamic aspects of the study of island-sea interactions.
feedback
Top