詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "二階堂黎人"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 福島 嵩仁, 吉丸 雄哉, 三橋 源一, 西村 佳朗
    忍者研究
    2019年 2019 巻 2 号 42-46
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/09/01
    ジャーナル フリー
  • 水谷 美保
    日本語の研究
    2005年 1 巻 4 号 32-46
    発行日: 2005/10/01
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    <行く><来る><いる>の尊敬語形式について,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県に生育し居住する20歳以上の146人を対象にしたアンケート調査と,東京出身作家76人(76冊)の小説を用いた調査を行い,「イラッシャル」は,表すとされてきた<行く><来る><いる>それぞれの意味で用いられるのではなく,<来る><いる>としては使用され続けているが,<行く>には用いられなくなりつつあることを明らかにした。この変化の主な要因としては,「イラッシャル」は敬意によって動作主の移動の方向を中和するよりも,話し手が自身の関わる移動を,優先して表すようになったことにあるとした。そのために,「イラッシャル」が表す移動は,話し手(の視点)の位置が動作主の到達点となる<来る>になり,移動を表すことを同じくしながら,話し手の関わりが大きくない<行く>は,「イラッシャル」の意味領域から排除されることになった。
feedback
Top