詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "鎖骨下筋"
138件中 1-20の結果を表示しています
  • 山田 博, 西島 彪
    九州歯科学会雑誌
    1957年 11 巻 2 号 189-191
    発行日: 1957/09/30
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
    Abnormity of m. omoclavicularis is known sometimes to occur. we have encountered in 57-year-old corpse examined in the course of dissection practice of the year 1954 a rare case of anomaly involving m. subclavius where socalled m. omoclavicularis made its appearance in place of m. subclavius. The corpse lacked m. subclavius on the left side and there was observed a muscle having its origin directly before the origin of left m. omohyoideus. The muscle arose with origin broader than that of m. omohyoideus, and took rectangular direction against m. supraspinam which lay in direct background to run down-and inward until it made cantact with os. clavius obliquely. The muscle then proceeded along the lower surface of the bone, and gradually diminishing its size and eventually being converted into a ligament it attached to the inside point one third the length of os. clavius. This constitutes m. omoclavicularis. The size was thin and small, resembling to a elongated equilateral triangle with the base directed toward the muscle origin. The unilateral absence of m. subclavius accompanied with the occurrence of anomalous muscle such as m. omoclavius would seem to be one of the rarest instances ever observed, and the author is of the opinion that the anomalous muscle may be the substitute for the missing m. subclavius.
  • 山田 博, 西島 彪
    九州歯科学会雑誌
    1954年 8 巻 1.2 号 43-
    発行日: 1954/08/30
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
  • 山田 博, 西島 彪
    九州歯科学会雑誌
    1954年 8 巻 1.2 号 43-
    発行日: 1954/08/30
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
  • 山田 博, 西島 彪
    九州歯科学会雑誌
    1954年 8 巻 1.2 号 43-
    発行日: 1954/08/30
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
  • 半田 稔
    Archivum histologicum japonicum
    1950年 1 巻 3 号 309-315
    発行日: 1950/08/20
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    Neun Muskeln wurden an sechs Leichen untersucht. Der Trapezius und Latissimus dorsi, welche die obere Extremität nach hinten ziehen, führen die dicksten Fasern, und der Serratus lateralis und Pectoralis major, welche die Rippen erheben und als Hilfsatemmuskel dienen bzw. die obere Extremität nach vorn ziehen, bestehen aus den dünnsten Fasern. Die Faserdicke des Rhomboides major und minor, Levator scapulae, Pectoralis minor und Subclavius ist ungefähr die gleiche.
  • 村上 守良, 六反田 篤, 菊池 直人
    九州歯科学会雑誌
    1971年 25 巻 2 号 125-126
    発行日: 1971/07/31
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
    During the dissection practice for students in 1970, the following variation connecting with the muscle on the anterior neck was encountered. The present case shows an extra variation-muscle in the Omohyoid muscle on the left side. It arises from the superior border of scapula and the superior transverse scapular ligament and goes forward and inward to be inserted anterior one-thirds on the Ist rib. This muscle would be one of the rarest variation which had especially two belly of the omohyoid muscle.
  • 松尾 洋一郎, 大石 二郎, 西川 公一郎, 安本 正徳, 藤原 靖, 中川 豪, 杉村 功
    中国・四国整形外科学会雑誌
    2000年 12 巻 2 号 385-388
    発行日: 2000/09/15
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    A case of spontaneous atraumatic subluxation of the sternoclavicular joint was reported. The patient, a 27-year-old female, complained of pain, click and the bony prominence in her right sternoclavicular joint when raising her right upper extremity. The X-ray, CT and 3D-CT showed subluxation of the right sternoclavicular joint, and arthrography showed pooling of the contrast medium. The joint was stabilized surgically using the fascia lata and the subclavius muscle. The post operative course was satisfactory, without further subluxation and pain. Spontaneous atraumatic subluxation of the sternoclavicular joint is a rare disease. The sternoclavicular joint has an unstable bony structure and it's stability depends on the ligaments (costoclavicular, sternoclavicular and interclavicular ligaments) and capsule. lt is believed that the subluxation occurred due to weakness in these supporting tissues.
  • 守屋 厚, 神林 隆幸, 横山 寿光, 五十嵐 純, 高藤 豊治, 佐藤 泰司
    杏林医学会雑誌
    1992年 23 巻 1 号 96-
    発行日: 1992/03/31
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 小松 敏彦, 船渡 和男
    日本体育学会大会予稿集
    2016年 67 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/02/24
    会議録・要旨集 フリー

     本研究の目的は、上肢帯を構成する肩甲骨及び鎖骨に付着する20の筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋、三角筋、大円筋、広背筋、烏口腕筋、大胸筋、小胸筋、大菱形筋、小菱形筋、肩甲挙筋、前鋸筋、鎖骨下筋、肩甲舌骨筋、僧帽筋、胸鎖乳突筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋)についての形態的特徴を示すことである。日本人男性の解剖用献体(大阪大学解剖学講座協力)を対象として、肉眼解剖学的手法により各々の筋を起始、停止様相の観察後に摘出し、筋組織部の全てを筋束レベルに分離することで筋束長を計測した。分離後の筋重量を計測し摘出直後との比較ならびに体積を計測して正味(筋組織)の筋横断面積を推定した。筋腱複合体としての筋膜、腱膜様相と筋束配列及び走向をイメージできるよう平面に配置して写真撮影した。いわゆる形態の十分な理解と確認のないままに機能を優先させて解析を行っても、そこにはおのずと限界があるといわれる。形態の左右差等の違いは遺伝的要因及び生活・運動習慣(非対称性トレーニング等)の関与が推察されるが、個人において形態差が存在するであろうことを基本とする認識への一助になればと考える。

  • 鳴戸 聰雄, 冨重 守, 加川 渉, 山田 元久, 奥田 哲章, 安部 志朗, 熊谷 洋幸, 柴田 堅一郎, 松尾 陽壮, 高岸 直人, 岡田 徹也
    整形外科と災害外科
    1972年 21 巻 3 号 279-282
    発行日: 1972年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    The results of treatment of thirty-six cases of Costoclavicular Syndrome were reported by us.
    These treatments were carried out with twenty-nine cases of conservative one and seven cases of operative one from 1960 to 1970.
    The results were as follows;
  • 荷宮 文夫
    九州歯科学会雑誌
    1954年 8 巻 1.2 号 43-44
    発行日: 1954/08/30
    公開日: 2017/12/23
    ジャーナル フリー
  • 大貫 雅弘, 宮高 和彦, 益田 家成, 東口 隆一, 北田 裕陸, 斧原 康人, 林 宏明, 中島 浩樹, 右田 尊史, 吉村 佳子, 大西 徳信, 前川 純子, 八木 一男, 坂口 泰弧, 須崎 康子, 村川 幸市, 竹下 修二, 中谷 泰弘, 辻本 正之
    心臓
    1997年 29 巻 10 号 817-822
    発行日: 1997/10/15
    公開日: 2013/05/24
    ジャーナル フリー
    恒久的ペースメーカー植え込み術において,アクセスが容易なため鎖骨下静脈穿刺法が広く普及している.しかし,通常のこの方法は胸郭内で静脈を穿刺するため,リードが肋鎖部で鎖骨下筋や肋鎖靱帯,烏口鎖骨靱帯を通過し,断線や絶縁被覆損傷の原因になることが知られている.
    今回我々は,鎖骨下静脈を胸郭内に入る前の第1肋骨外縁付近の肋骨上で穿刺する胸郭外鎖骨下静脈穿刺法を試みた.本法を,第1肋骨外縁の最外側より下方約1cmまでカテラン針で探査し,10分以内に穿刺できないときは造影後に再施行するという条件で検討した.
    1995年5月から1996年7月までの15カ月間に連続して施行した新規恒久的ペースメーカー植え込み術37例(リード47本)で検討した.造影なしで25例(33本)に挿入し,造影後8例(9本)に挿入した.造影の結果は,高位走行4例,低位走行4例(静脈閉塞のため対側より行った1例を含む)であった.残り4例は,状態不良1例とり疼痛1例による通常の鎖骨下静脈穿刺法2例,および鎖骨下静脈狭窄による腋窩静脈穿刺法2例であった.
    続発症のない動脈穿刺以外,気胸,出血,静脈内膜剥離,リード移動はなかった.
    本法は,リードが自然の静脈路を経て肋鎖部を通過するためにストレスが少なく,肺や胸膜は広い第1肋骨で守られるので,急角度で第1肋骨に穿刺針を進めるという精神的障壁を克服できれば,安全かつ容易な方法である.
  • 相沢 昌
    日本医科大学雑誌
    1960年 27 巻 10 号 1805-1816_2
    発行日: 1960/10/15
    公開日: 2010/10/14
    ジャーナル フリー
  • 橋本 淳, 水野 耕作, K. Hirohata
    肩関節
    1989年 13 巻 1 号 30-33
    発行日: 1989/11/01
    公開日: 2012/11/20
    ジャーナル フリー
    A fifteen-year-old boy had pain and snapping of the bilateral sternoclavicular joint, for two months after slipping. He was mentally retarded and had hypothyroidism and his mother had also suffered from Hashimoto's disease. Physical examination showed anterior subluxation of the bilateral sternoclavicular joint at the position of 90° flexion,90° abduction, and a slight extention of the shoulder, but reduction at the neutral position. The range of motion of the shoulder was full and he had generalized joint laxity.
    A computed tomographic scan revealed anterior s ubluxation of the medial end of the clavicule at the positions mentioned above, and a large joint cavity was demonstrated in the arthrography. In order to stabilize the sternoclavicular joint, we performed an operation was performed by means of a fascial loop, as described by Speed, on both sides, because of his generalized joint laxity and mental retardation, We initially planned immobilization of the arm for eight weeks. However, the right side was immobilized for two more weeks, because of a tendency of recurrence of the subluxation. One week after physical therapy was started, he regained his preoperative range of motion of the shoulders. Three months after the operation, in his left side a recurrence of the subluxation was seen, but its degree was mild and no particular treatment was performed. One year after the operation, he had no pain but a slight subluxation was observed in his left side. Recurrent subluxation of the sternoclavicular joint is rare, and only eight cases have been reported in Japan. The operative treatment includes stabilization of the sternoclavicular joint, arthrodesis, resection of the medial end of the clavicule and resection of the disk. Speed's method is a stabilization of the sternoclavicular joint by means of a fascial loop. In this method, the joint is stabilized by using a free fascial graft. Therefore, recurrence due to stretching or loosening of the graft several months after surgery is great concern. The operative stabilization is very difficult, especially when complicated with generalized joint laxity and mental retardation exist as in the case reported here.
  • 臨床所見および局所解剖所見から
    今釜 哲男, 服部 奨, 小山 正信, 河合 伸也, 東 良輝, 繁冨 頼雄, 小田 裕胤, 井之川 義典, 多原 哲治
    整形外科と災害外科
    1978年 27 巻 4 号 559-563
    発行日: 1978/12/25
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    Vascular tests for thoracic outlet syndrome are considered to be one of the important diagnostic aid in order to determine the localization and the severity of neurovascular lesion at the thoracic outlet region. However, the mechanism and significance of vascular tests are still unclear.
    This is to report our clinical and autopsial study to try to clarify the exact meanings of each vascular test.
    Materials are 72 cases in 48 patients with thoracic outlet syndrome (46 cases in 39 patients recieved first rib resection) and 21 cases of exploration in autopsy.
    Positive Adson's test, although the incidence is quite low, may suggest severe lesion at the scalen triangle. Eden's test indicate lesions at the costo-clavicular space. In this positive the clavicle moves most to the posteromedial direction among the various positions. Abduction-external rotation test and Wright's test show neurovascular compression mainly at the costo-clavicular region and partly at the scalen triangle. These positions make the neurovascular bundle tracted foward the lateral. Compression at the subcoracoideal region is not the main cause in Wright's test.
  • 手取屋 岳夫, 明元 克司, 笠島 史成, 安田 保, 上山 武史
    日本心臓血管外科学会雑誌
    1994年 23 巻 5 号 365-368
    発行日: 1994/09/15
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    動脈硬化性鎖骨下動脈閉塞症はその経路が持つ解剖学的特徴により症状を複雑にしていることが多い. 鎖骨下動脈起始部閉塞は, 前斜角筋第一肋骨付着部の機械的圧迫に動脈硬化性変化が加わった病態と考えた. これに対しては鎖骨下動脈-総頸動脈端側吻合を選択した. 鎖骨下動脈が内胸動脈分岐部から胸肩峰動脈分岐部まで閉塞していた症例は, 前斜角筋および鎖骨下筋による圧迫が関与した病態と考えられた. これに対しては, 人工血管を用い総頸動脈-腋窩動脈バイパス術を施行した. グラフトが斜角筋群および鎖骨下筋で圧迫されないように解剖学的経路より外側を通過させた. 鎖骨下動脈閉塞症に対する血行再建の術式選択は, 閉塞部の解剖学的特徴を理解することが重要で, 動脈と同時に神経圧迫も解除し, これにより上肢および肩甲部の神経症状を軽快させうると考えている.
  • ―安静時痛と夜間痛の病態整理と運動療法―
    松平 兼一
    理学療法学Supplement
    2016年 2015 巻 P-MT-30-4
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/28
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに,目的】変形性肩関節症(以下,肩OA)の罹患頻度は,膝関節や股関節と比較すると少ない傾向にあるが,臨床ではしばしば経験する。運動療法(以下,PT)は一般的に可動域や筋力の改善を目的として施行される。今回,肩甲胸郭関節(以下,STJ)の拘縮と肩峰下の癒着性拘縮を除去した結果,安静時痛および夜間痛の改善が得られたため,考察を加えて報告する。【方法】症例は80歳代の女性である。平成25年に肩OAと診断され,保存的治療を行なっていたが改善を認めず,平成27年9月1日よりPTが処方された。単純X線像にて肩峰下の骨棘形成,肩峰および上腕骨大結節の骨硬化,上腕骨頭の変形を認めた。関節内水腫,腫脹や熱感といった所見は陰性だが,安静時痛および夜間時痛を上腕上外側部,運動時痛を肩関節付近に認めた。圧痛は棘上筋,棘下筋,小円筋,小胸筋,鎖骨下筋,前鋸筋上部線維,肩甲挙筋に認めた。関節可動域はいずれも肩甲骨固定下にて,屈曲85°,外転80°,下垂位内旋75°/外旋25°,内旋位内転-25°/外旋位内転-35°,内旋位伸展55°/外旋位伸展45°であり,超音波診断装置(以下,エコー)にて肩峰下の癒着所見を認めた。肩甲骨アライメント(以下,SA)を対比すると軽度前方突出および下方回旋位を呈していた。肩関節に関する徒手検査ではDrop arm signおよびPainful arc signは陰性,Impingement signは陽性,胸郭出口症候群(以下,TOS)に関してはWright testおよびEden testは陰性,Morley testは陽性,上肢下方牽引テストで誘発され,上肢保持テストで軽快した。PTではSTJの拘縮除去を図った後,肩峰下の癒着性拘縮に対して積極的に剥離操作を施行した。【結果】肩関節内転制限およびSTJの拘縮改善に伴い,徐々に夜間痛および安静時痛の軽減を認め,PT開始からおよそ2ヵ月で消失に至った。なお,この時点におけるエコーにて癒着性拘縮は改善傾向にあった。【結論】肩OAは一般的に運動時痛を主訴とするが,本症例は安静時痛および夜間痛を主訴としており,理学所見から変性以外の要素として軟部組織性の拘縮や,SA変化の関与を考えた。肩峰下の癒着性拘縮は肩甲上腕関節(以下,GHJ)の内転制限因子になると同時に,肩峰下圧の上昇を招いて夜間痛の原因となる。また,肩甲骨は代償的に軽度前方突出および下方回旋位をとることで腕神経叢に牽引ストレスを与え,牽引型TOSを惹起し安静時痛の要因となったものと考えた。PTにてSTJの拘縮除去と肩峰下の癒着を剥離した結果,GHJの内転可動域の改善により夜間痛が,SAの修正および内転可動域の増大に伴い安静時痛が改善したと考察した。肩OAは変性疾患であり,慢性的に経過するため様々な病態が混在する。変性を認めても病態を応じたPTにて症状の改善が得られる可能性が示唆された。
  • 内胚葉器官の配列と深部肺経の走行
    石井 陶泊
    日本鍼灸治療学会誌
    1973年 22 巻 3 号 33-35
    発行日: 1973/07/15
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 山内 隆平, 東藤 正浩
    北海道支部講演会講演概要集
    2020年 2020.57 巻 0203
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/25
    会議録・要旨集 認証あり
  • 高島 文一
    自律神経雑誌
    1965年 12 巻 11 号 14-15
    発行日: 1965/11/20
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top