COUNTERレポート提供サービス利用規約
  • 平成18年 8月18日制定

    平成19年 6月27日改訂

    (平成19年 7月29日施行)

  •  国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営するJ-STAGE及びJournal@rchive(以下、併せて「本サイト」といいます。)を通じて各種文献を利用するそれぞれの機関(以下「閲覧機関」といいます。複数の閲覧機関が連合体を形成する場合も含みます。)は、閲覧機関における利用者による当該各種文献の利用状況に関するCOUNTER形式による統計情報の配信サービス(以下「COUNTERレポート提供サービス」といいます。)への登録を行うに当たり、下記の条件を承諾します。


  • 閲覧機関は、JSTが郵送又は連絡者の電子メールアドレスへの送信その他の方法により閲覧機関に送付するCOUNTERレポート提供サービスへのログイン用のログインID及びパスワードを厳重に管理するものとします。

    閲覧機関は、閲覧機関情報登録の画面において入力された閲覧機関情報に異動があった場合、遅滞なくこれをJSTに届け出るものとします。

    閲覧機関は、COUNTERレポート提供サービスによる統計の対象とする自機関の外部ネットワーク接続に利用されるIPアドレス範囲を確認の上、これを設定情報として閲覧機関情報登録の画面において入力するものとします。当該IPアドレスに変更があった場合については遅滞なくJSTにかかる変更を届け出るものとします。届け出られたIPアドレスに誤り、不備等又は届出の遅滞があった場合にJSTは一切の責任を負わないものとし、これらの誤り、不備等又は遅滞によりJSTが損害を被った場合、閲覧機関はかかる損害をJSTに補償するものとします。

    閲覧機関は、本サイトに参加する全ての文献がCOUNTERレポート提供サービスの対象となるものではないことを了解します。閲覧機関は、COUNTERレポート提供サービスに参加している全発行体に対し、それぞれの発行体が発行している文献の閲覧機関における利用状況に関する統計情報が提供されることに同意します。なお、閲覧機関がCOUNTERレポート提供サービスの対象として指定した文献の発行体に対し、閲覧機関情報登録の画面において入力された閲覧機関の連絡者の個人情報(氏名、電子メールアドレス、電話番号、FAX番号)が伝達されます。閲覧機関は、かかる個人情報の第三者提供について予め当該連絡者の意思を確認するものとし、JSTがCOUNTERレポート提供サービスの遂行及び法令において認められる範囲において、既に当該連絡者の同意が得られていることを前提として当該個人情報を取り扱うことを了解します。

    JSTは、COUNTERレポート提供サービスにより提供される統計情報が正確であるよう努めますが、完全な正確性について一切の保証を行うものではありません。また、JSTの独自の裁量により、COUNTERレポート提供サービスの中断、停止が行われた場合であっても、JSTはこれに基づき閲覧機関に生じた損害、損失等について何らの責任を負うものではありません。

    JSTは、本利用規約を改訂する場合、登録された閲覧機関の連絡者に電子メールにて通知するものとし、当該通知の発信後1ヶ月後に本利用規約の改訂の効力が発生するものとします。

    本利用規約の準拠法は日本法とします。

  • 以上

Top
feedback
Top