經營學論集
Online ISSN : 2424-2047
Print ISSN : 2432-2237
ISSN-L : 2432-2237
第89集 日本的経営の現在─日本的経営の何を残し,何を変えるか─
会議情報

自由論題
(29) イノベーションにおけるセレンディピティ研究の全体フレームの提言
*志賀 敏宏
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. F29-1-F29-9

詳細
抄録

イノベーションにおいて,偶然が重要な要素となるセレンディピティに関して,偶然の役割の核心を明らかにした。それは「偶然が,含意する真理を示し,人がそれに気付くこと」,あるいは「偶然が思考の触発契機となり,潜在的に継続していた思考において,創造が瞬時に成就すること」である。左記の核心の存否によってセレンディピティを識別した上で,偶然が創造活動(科学的創造,技術革新,市場創造)のどの分野に生起するか,加えて仮説構築過程または仮説検証過程のいずれに作用するかによってセレンディピティの六類型を抽出した。以上により,今後のセレンディピティ研究の全体フレームを提示する。

著者関連情報
© 2019 日本経営学会
前の記事 次の記事
feedback
Top