失語症研究
Online ISSN : 1880-6716
Print ISSN : 0285-9513
ISSN-L : 0285-9513
原著
純粋語唖例における非構音時の高次口腔顔面動作と構音の関係について
—口腔顔面動作訓練と構音訓練—
越部 裕子宇野 彰紺野 加奈江上野 弘美加藤 正弘
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 11 巻 4 号 p. 262-270

詳細
抄録

    非構音時の口腔顔面動作障害を認める純粋語唖1例について非構音時の高次口腔顔面動作と構音の関係を明らかにするため,口腔顔面動作のみの訓練と構音の訓練を実験的に行い,相互におよぼす影響について検討した。訓練は2期に分け,第1期は口腔顔面動作のみの訓練第2期は絵カードの呼称をエレクトロパラトグラフを主として用いた訓練を,各期10回ずつ行った。
    その結果,第1期では訓練を行った口腔顔面動作,および非訓練語の構音の正答率が有意に上昇した。第2期では訓練語および非訓練語の構音の正答率が有意に上昇した。同時に,訓練を行っていない口腔顔面動作の正答率が有意に上昇した。
    以上の結果は口腔顔面動作と構音のいずれか一方を訓練すると訓練を行っていないもう一方のモダリティも改善することを示している。以上より本症例においては非構音時の高次口腔顔面動作と構音との関係が強いと考えられた。

著者関連情報
© 1991 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事 次の記事
feedback
Top