教育心理学年報
Online ISSN : 2186-3091
Print ISSN : 0452-9650
IV 教育心理学と実践活動
eラーニングに関する実践的研究の進展と課題
冨永 敦子向後 千春
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 53 巻 p. 156-165

詳細
抄録

 本研究では最近のeラーニングに関する実践的研究の進展を概観した。情報通信技術の進展とともに,eラーニングと呼ばれる,ネットワークとパソコンやモバイル端末を利用した教育が一般的になりつつある。本稿ではまず,従来の教育とeラーニングを活用した教育を比較した研究を取り上げ,eラーニングが従来の教育方法と同程度かそれ以上の効果があることを示唆した。次に,eラーニングがより効果的となる特質として,反復学習の最適化が可能であることと学習者に対するフィードバックがシステムとして可能であることを取り上げた。さらに,ドロップアウトが比較的多いと言われるeラーニングの短所を補うための方策として,ドロップアウトしやすい時期や学習者の特定,講師のプレゼンス,ブレンド型授業の採用,メンタリングといった観点から工夫していくことが必要であることを主張した。最後に,これからのeラーニングの課題について述べた。

著者関連情報
© 2014 日本教育心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top