日本ベントス学会誌
Online ISSN : 2186-4535
Print ISSN : 0289-4548
ISSN-L : 0289-4548
河口干潟に隣接した潮下帯における二枚貝の浮遊幼生, 着底稚貝及び稚・成貝の分布
堤 康夫関口 秀夫
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 1996 巻 50 号 p. 29-37

詳細
抄録

安濃川と志登茂川の河口干潟に隣接した潮下帯において,3種類の二枚貝類(アサリ,イソシジミ,ホトトギスガイ)の浮遊幼生,着底稚貝及び稚・成貝の分布を調査した.3種類とも,浮遊幼生は多く出現するのに反し,底生期の稚・成貝はごく稀であった.着底稚貝と稚・成貝には,干潮の水際に近い定点に分布する傾向が見られた.このことは,浮遊幼生が潮下帯に着底するのを避け,河口干潟の水際近辺に輸送されることを示唆している.

著者関連情報
© 日本ベントス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top