バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
ISSN-L : 1348-7116
4部 歩行・立ち上がり
美しく見える歩容パターンの運動学的特徴
齋藤 早紀子牛房 奈菜子堺 碧媛近藤 恵小林 吉之
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 25 巻 p. 195-209

詳細
抄録

本研究は, 美しい歩行の特徴を明らかにすることを目的とし, 2つの観点から実験を行った. はじめに, 美しく歩いていると考えられる審美系の活動者を対象にその歩行特徴を, 運動学的観点から検討した (実験1). しかしながら, こうした動作が本当に美しいと評価されるかは不明である. そこで次に, 一般男女に一般人の歩行動画を審美性の観点で評価させ, その観点と相関のある歩行特徴を明らかにした (実験2). 実験1の審美系の活動者および実験2で審美性の高かった歩行に共通する特徴として, 骨盤の前傾角度が大きい, 体幹の伸展角度が大きい, 立脚期に膝の屈曲角度が小さい, という3点が確認された.

著者関連情報
© 2020 バイオメカニズム学会
前の記事
feedback
Top