脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
脳血管障害患者における全脳CT灌流画像と自動関心領域設定ソフトを用いた脳循環の解析
高橋 里史
著者情報
ジャーナル フリー

28 巻 (2016-2017) 2 号 p. 321-325

詳細
PDFをダウンロード (2643K) 発行機関連絡先
抄録

脳血行再建術に際しては,どのような患者に対しどのような外科的治療が有用であるのか十分に評価することが重要である.この文脈において,急性期血行再建に際しては,どのような脳循環の状態の患者に対し,アルテプラーゼ静注のうえの血栓回収療法が有用であるのか,慢性期血行再建に際しては,どのような脳循環の状態の患者に対し,どのような血行再建術が有用であるのかを比較的簡便かつ定量的に理解できる評価法の確立は有用であると考える.これまでこの命題に対する答えを得るべくCT灌流画像を用いた脳血管障害患者における脳循環の解析を行って来たのでこれを報告する.

著者関連情報
© 2017 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top