環境情報科学論文集
Vol.35(2021年度 環境情報科学研究発表大会)
会議情報

報告
解決志向アプローチ技法を用いた啓発による省エネの行動変容に関する効果検証
松本 美紀松本 貴志木場 和義
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 280-285

詳細
抄録

日常生活における省エネ行動を促進する啓発事業が全国で展開されているが,ライフスタイルへの省エネ行動の定着は難しい。本調査では,省エネ行動の啓発とその定着を目的とし,大学生を対象とした質問紙調査を用いて,臨床心理学の技法を導入した解決志向による啓発を実践し,その効果を検証した。その結果,日常生活で実践できていない省エネ行動に対し,どうすればできるようになるのか,という解決像を具体化することで,啓発後の省エネ行動を実施するようになった。解決に焦点をあてた新たな啓発手法として有効であることがわかった。

著者関連情報
© 2021 (社)環境情報科学センター
前の記事 次の記事
feedback
Top