地理科学
Online ISSN : 2432-096X
Print ISSN : 0286-4886
ISSN-L : 0286-4886
短報
自助・共助のための防災マップ作成ワークショップの実践と課題
――北海道石狩市における水害・土砂災害を事例として――
村中 亮夫浅妻 裕谷端 郷米島 万有子高橋 伸幸
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 74 巻 2 号 p. 70-89

詳細
抄録

本稿では,災害時における自助・共助を念頭に,自然災害の地理的特性に着目した防災マップ作成活動の可能性と課題について議論・検討した。防災マップ作成活動は北海道石狩市における水害・土砂災害をテーマに,講義やフィールドワーク,プレゼンテーションによって実施された。マップ作成活動は,自治会,小学校から14名の参加者(小学生3名を含む)を得て,2016年8月27日に行われた。参加者へのアンケート調査や作成された3種類の防災マップ,プレゼンテーションから得られたデータの分析の結果,マップ作成活動が防災に関する個人の知識や経験を住民間で共有することを促進することが示された。ただし,自然の恵みとしての側面とともに災害を引き起こす素因としての側面をもつ地域の自然/建造環境と地域の災害特性との関係に対する住民の理解は依然として十分ではなく,長期的な視点に立った防災教育に課題も残されている。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top