ケモインフォマティクス討論会予稿集
第38回ケモインフォマティクス討論会 東京
会議情報

ポスター発表
目的領域に多様な構造を生成する化学空間探索型構造ジェネレータの開発
*武田 俊一金子 弘昌船津 公人
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 100-103

詳細
PDFをダウンロード (441K) 発行機関連絡先
抄録

新薬を開発するために新薬となる可能性の高い多様な構造からなるライブラリを構築する手法の開発が求められている。我々はそのような手法として化学空間上の任意の領域に構造を多数生成する手法であるde novo design algorithm for exploring chemical space (DAECS)に注目し、その改良を行った。DAECSはリガンドデータで規定された部分空間上の特定の領域に存在する構造のみを生成することができる。しかしDAECSでは多様性の高い構造を生成することと活性値以外の性質を考慮することができない。本研究ではこの問題を解決するために部分構造を用いた構造変化及び化学空間上のドラッグライクネス分布の可視化を用いた領域選択を導入した。GVKのデータベースより取得したヒトalpha2Aアドレナリン受容体に対するリガンド活性データを用いて手法の優位性を確認したところ、ドラッグライクネスを考慮したうえで高い活性が期待できる構造を多様に生成できることを確認できた。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top