臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
ギラン・バレー症候群の予後と予後予測因子
山岸 裕子楠 進
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: cn-001398

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

ギラン・バレー症候群(Guillain-Barré Syndrome; GBS)は急性単相性の免疫介在性ニューロパチーで予後良好とされているが,急性期に人工呼吸器装着が必要な症例や,発症から6ヶ月後も歩行に介助を要する例も存在する.そうした症例を予測することは治療戦略を構築する上で重要である.本稿では,予後予測に有用な,臨床的・電気生理学的・生物学的因子を記載し,近年オランダから報告されたmodified Erasmus GBS outcome score,Erasmus GBS respiratory insufficiency score,およびそれらの本邦のGBSへの適用について述べる.

著者関連情報
© 2020 日本神経学会
feedback
Top