日本認知心理学会発表論文集
日本認知心理学会第7回大会
セッションID: O4-2
会議情報

ダイナミック・ラバーハンドイリュージョン
主観的感覚と身体反応の乖離
*浅井 智久丹野 義彦
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

画面に呈示されたゴム手に対する蝕刺激を観察すると,実際に自分の手に蝕刺激を感じ,ゴム手の方に向かって自分の手が移動したような感覚が生じることがある(ラバーハンドイリュージョン)。本研究では実験参加者に対して,ゴム手上に重りとしてボールを載せた画像を呈示した場合に,実験参加者はまっすぐ水平に伸ばした自分自身の手に主観的な重さを感じ,その結果,実際に手が動いてしまう錯覚を発見した(ダイナミック・ラバーハンドイリュージョン)。また,実際にそのボールの重さを知っているかどうかで,身体反応に違いが見られることがわかった。マルチモーダルなボトムアップ処理に加えて,認知的解釈による予測的なトップダウン処理がこの錯覚に関連する可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2009 日本認知心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top