日本認知心理学会発表論文集
最新号
選択された号の論文の123件中1~50を表示しています
口頭発表1:感情・動機 1
  • 市村 賢士郎, 田岡 大樹, 宮原 里奈
    セッションID: OS1_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    僅差の失敗時に予期される後悔が実際に経験される後悔よりも過大視されるインパクト・バイアスが知られている。本研究ではこれについてさらなる検討を行うために,1. 参加者内計画による実験の実施,2. 感情の評定語に「悔しい」と「後悔した」を用いた結果の比較,3. 追加報酬の有無による影響の検討を行った。先行研究と同じ要因である失敗の程度 (僅差・大差) の実験操作と後悔の種類 (予期的・経験) の測定を参加者内要因で実施した。参加者が結果を制御できる課題と制御できない課題の2種類を用いた。実験1では追加報酬ありで実験2では追加報酬なしで実施した。その結果,1. 失敗の程度や課題の種類,評定語によらず後悔のインパクト・バイアスが見られること,2. 「後悔した」は結果を制御できない課題での評定値が低くなること,3. 追加報酬による外発的動機づけや課題の楽しさからくる内発的動機づけが後悔感情に影響しうることが示された。

    Anticipated regret is known to be overestimated compared to actually experienced regret. We investigated this impact bias by comparing the results of "kuyashi" and "kokaishita" as words rating regret and examined the influence of additional rewards on regret in within-participants experiments. The degree of failure (narrow/wide) was manipulated and the two types of regret (anticipated/experienced) were assessed using two experimental tasks: (1) participants could control the results, or (2) they could not control the results. Experiment 1 was conducted with additional rewards and Experiment 2 was conducted without additional rewards. The results indicated (1) the impact bias was unassociated with the degree of failure, the type of task, or the rating word, (2) the rating value of "kokaishita" was lower in tasks in which participants could not control the results, and (3) the extrinsic motivation by additional rewards and intrinsic motivation by the enjoyment of the task affected regret.

  • 経時的評定に基づく検討
    平井 志歩, 楠見 孝
    セッションID: OS1_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では、65人の大学生参加者を対象に、対処可能性の高低を操作した2種類の悲しみ体験によって悲しみを喚起させた後、感情価の異なる音楽を聴かせ、悲しみの対処可能性の高低と音楽の感情価が聴取後の気分変化に与える影響を調べた。また、聴取中の気分についての連続評定値をジョイスティックで測定し、音楽の感情価が聴取中の気分回復の速さに与える影響についても検討した。実験の結果、悲しみの対処可能性に関わらず明るい音楽と暗い音楽は各々一定の気分回復効果をもたらすこと、及び明るい音楽のほうが暗い音楽よりも早く快方向への気分回復効果がもたらされることが示された。

    This study investigated the effects of controllability of sad events and affective value of music on emotional changes. Sixty-five participants listened to happy or sad music after a sad mood was evoked by recalling sad events with high or low controllability. A questionnaire of mood state was given before and after listening to music. Participants controlled joystick in accordance with their emotional changes during the music.Results showed that both affective value of music had certain effects on emotional recovery regardless of the controllability of sad events, and participants recovered from bad moods faster when listening to happy music as compared to sad music.

  • 櫃割 仁平, 野村 理朗
    セッションID: OS1_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    詩歌の美的評価に影響を与える要因には不明点が多い.詩歌の心理学研究は萌芽的段階にありながらも,詩歌の美的評価に影響を与える特徴が報告されている.本研究は,俳句の美的魅力を予測する心理状態と個人特性を判定することを目的とした.参加者277名 (Mage = 38.68, 女性209名) は37句の俳句をイメージの鮮明性,感情価,覚醒度,感情評定,俳句の美的魅力という5つの観点から評価し,さらに個人特性に関する質問紙に回答した.その結果,イメージの鮮明性と感情価が美的魅力を予測し,かつイメージの鮮明性の美的魅力への影響には感情評定が媒介していた.メンタルイメージが感情の喚起を促すように,俳句の鮮明なイメージが主観的な感情強度を高め,美的魅力も上昇した.また,視覚イメージ能力や畏敬の感じやすさ,ノスタルジア傾向の個人特性が俳句の美的魅力を予測した.以上の結果は,俳句の美的魅力に影響する個人の心理状態や個人特性を新たに示すものである.

    The factors influencing poetry’s aesthetic appreciation are largely unknown. While psychological research on poetry is in early stages, some studies have reported the features affecting poetry’s aesthetic appreciation. Present study sought to determine which participants states and traits predict the aesthetic appeal of haiku poetry. 277 participants (Mage = 38.68, 209 female) were recruited to rate 37 haiku on five characteristics: imagery vividness, valence, arousal, felt emotion, and aesthetic appeal. Then, participants completed questionnaires (VVIQ, DPES-awe, Nostalgia-Proneness Scale). The result showed that both valence and imagery vividness predicted haiku’s aesthetic appeal; also, the imagery vividness’s influence on aesthetic appeal was mediated by felt emotion. As mental imagery fosters emotional evocation, vivid haiku imagery increases emotions associated aesthetic appeal. Furthermore, the traits of visual imagery abilities, awe-proneness, and nostalgia-proneness predicted haiku’s aesthetic appeal. This study advances our knowledge of how individual states and traits determine the aesthetic appeal of haiku.

  • 楠見 孝
    セッションID: OS1_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では,全国の18-79歳の1020(男504,女516)人に対してオンライン調査を実施した。過去をなつかしく思う個人差指標であるなつかしさ傾向性を,Southamptonノスタルジア尺度(Barrett et al., 2010)となつかしさポジティブ-ネガティブ傾向尺度(楠見,2014)で測定し,なつかしさの機能をなつかしさの機能尺度(Cheung et al., 2013)で測定した。あわせて,自尊心,生活満足度,時間的展望を測定した。その結果,ノスタルジア尺度となつかしさポジティブ傾向は,なつかしさの機能である他者とのつながり,自己の過去とのつながり,人生の意味,自己の理解と正相関,自尊心や生活満足度と正相関があった。また,人生の目的をお金と捉えることとは負の相関があった。また,なつかしさの機能に及ぼす加齢の効果は,なつかしさ傾向が低い人に働くことが明らかになった。

  • 蔵冨 恵, 北神 慎司, 村山 航
    セッションID: OS1_5
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    これまでの研究では,動機づけに関するメタ認知的な気づきが不正確であることが示されている。例えば,英文字消去課題,単語並び替え課題,フランカー課題などは,内発的動機づけが過小評価される。しかし,これらの課題は知覚的に正答基準が明確であることから,課題中のポジティブなフィードバックが動機づけを高め,結果的に過小評価を導いているとも考えられる。そこで,本研究では,正答基準が不明瞭な課題が,内発的動機づけの過小評価に及ぼす影響を検討した。具体的には,無意味図形に対する選好課題,あるいは,その無意味図形に対する分類課題を用いて,それらの課題における内発的動機づけを測定した。その結果,いずれの課題においても,内発的動機づけの過小評価は見られなかった。これは,明確な正誤基準がメタ動機づけを不正確にしている可能性を示唆している。

口頭発表2:感動・動機 2
  • 楊 静ブン, 山田 祐樹
    セッションID: OS2_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    In previous research, it is hypothesized that information from high-expertise source is more persuasive, while this effect vanishes for issues in which one is highly involved. Given that compared with natural sciences, issues which social sciences study on are generally considered more relevant to life, we predicted that experts’ persuasiveness would differ in various academic fields. A 2 (academic field: social sciences vs natural sciences) × 3 (source expertise: high vs low vs control) design is adopted in the research, in which participants were asked to read 4 articles from 2 academic fields and make evaluations on persuasiveness, scientific level, involvement, difficulty and so on. The results showed that participants were better persuaded by sources with higher expertise and articles from natural sciences, while no interaction between two factors was observed. These findings indicated that source expertise and academic fields influence persuasiveness independently.

  • 郭 ブン, 劉 歓緒, 楊 静ブン, 莫 宇キ, 鐘 サン, 山田 祐樹
    セッションID: OS2_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    微妙な言語表現の違いは,人々の評価や行動に影響を与える。特に,アイデンティティに関する言葉を使うことで,人は望ましいアイデンティティの名詞の内容に沿って行動する。逆に,望ましくない名詞の場合には,その特徴を回避する傾向があるだろう。本研究は,意味的プライミングによる,不正行為の抑制における言語表現の些細な違いの効果を検討した。実験では,警告語呈示条件 (嘘をつかない/嘘つきにならない) と警告語非呈示統制条件を設定した。参加者はコインを10回投げ,裏が出た回数によって謝礼が受けられる。結果に基づき禁止メッセージの表現が不正行為に及ぼす影響について議論する。

    Subtle differences in linguistic descriptions can influence people’s evaluations and behaviors. Especially, self-identity relevant noun wording will increase people’s tendency to act in line with the noun label. Oppositely, in the case of undesirable identity, self-relevant nouns should cause people to avoid the behavior. The present study aims to explore the preventing of unethical behaviors by semantic priming. In two online experiments, participants are asked to make 10 coin-tosses and report the number of "head" results, indicating the amount of money that they can earn. We will manipulate instruction ("Don’t cheat" vs. "Don’t be a cheater" vs. baseline as a control) for each group. Base on the results, we will discuss how prohibited message expressions impact unethical behaviors.

  • 郷原 皓彦, 米満 文哉, 山田 祐樹
    セッションID: OS2_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    我々は漫画を読む際に多数のオノマトペが描き込まれたコマを目にするが,それはコマ全体の印象にどのような影響を与えるのだろうか。これまで高速度を表すオノマトペの多重呈示による速度感の強調が報告されているが (郷原・山田, 2017),それが感情処理においても生じるかは不明である。本研究では感情を表すオノマトペを用い,その個数が視覚刺激の感情価や覚醒度に影響するかを検討した。参加者は「ウキウキ」や「ムカムカ」といった喜びや怒りを表すオノマトペが周辺に2個または8個同時呈示された笑顔や怒り顔のイラストの感情価と覚醒度を評定した。その結果,2個条件より8個条件にて喜び語条件では感情価がよりポジティブに,怒り語条件ではよりネガティブに評価され,覚醒度は両条件ともに8個条件にて高かった。これは,感情情報の処理においてもオノマトペの多重呈示による強調効果が生じることを示唆する。

  • 井上 和哉, 水浪 田鶴, 坂村 祐希, 富田 瑛智, 北原 格, 原田 悦子
    セッションID: OS2_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    自動走行技術が発展する一方で,自動走行車両の乗車に不安を感じる人は少なからず存在する。この理由の一つとして,車の挙動を十分に予測できないことが挙げられる。本研究では,車の挙動の予測を可能にする手がかりを提示することで自動走行車両に乗車中の不安が減少するかを検討した。カートの前方に置かれたスクリーンに,実際の運転場面で撮影した動画を提示した。実験参加者はカートの後部座先から動画を観察し,手元のレバーで不安を絶えず報告することが求められた。車の進路を予測するための手がかりとして映像の道路上に白線をARとして描画した。また,カーブへの到達タイミングを知らせる手がかりとして,カーブの手前で警告音を提示した。その結果,ARや警告音は若齢者の不安感を減少させたが,高齢者の不安感には全く影響を与えなかった。このことから,予測的な手がかりをどのように解釈するかは年齢によって異なることが示唆される。

    Passengers in autonomous vehicles have a difficulty to predict the movement of the vehicles. This is a potential cause inducing the anxiety of the passengers. We investigated whether the presentation of cues predicting the movement of an autonomous vehicle reduced the anxiety of passengers. We also focused on age differences in the effect of the cues. Participants watched the movie recorded in a real driving situation while sitting on the rear sheet of a real car. While watching the movie, they continuously reported their anxiety by pulling or pushing a lever. To allow the participants to predict the movement of the car, two stimuli were added to the movie: (1) a white line drew on the center of a road as AR and (2) an alerting sound appearing immediately before a curve. These predictive cues reduced young but not old passengers’ anxiety, indicating the age difference in cue availability.

口頭発表 3:知覚・感性
  • 宮崎 由樹, 眞鍋 優佳, 須田 朋和, 釼持 泰彦, 河原 純一郎
    セッションID: OS3_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    清掃は気分転換やストレス解消に良いと一般に言われるが,実際には実証的根拠に乏しい。本研究では,フロアワイパー製品の品質によって,清掃が気分に及ぼす効果が変調することを示した。被験者は,日本の一般家庭のダイニングを模した家具や壁の隙間の多い空間で,床の清掃課題を2回行った。1回は壁や家具の隙間を清掃しやすいワイパー(隙間掃除の容易なワイパー),もう1回は一般的なワイパー(隙間掃除の困難なワイパー)で清掃した。各回の清掃前後でポジティブ・ネガティブ情動,清掃後にワイパーの使用感を測った。その結果,隙間掃除の容易なワイパーでは清掃前に比べ清掃後に,ポジティブ情動は高くなりネガティブ情動は低くなることが示された。一方,隙間掃除の困難なワイパーでは,清掃後にポジティブ情動は低くなりネガティブ情動は高くなった。この気分変動は清掃に要した時間,使用の快適感,楽しさが特に関係していることも明らかになった。

  • ―事前審査付き事前登録研究―
    劉 歓緒, 楊 静雯, 山田 祐樹
    セッションID: OS3_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    不正行為をどのように防止するかは社会的に大きな問題であり,不正行為の発生メカニズムについての研究が行われてきた。例えば,部屋の暗さは人間の不正行為を促進することが報告されている。しかし,その他に物理的環境が不正行為に与える影響を調べた研究は極めて少ない。特に,人間の様々な行為に影響を与える「温度」についての実証研究はまた行われていない。そこで本研究は,部屋の温度が不正行為に与える影響を明らかにすることを目的とし,専門家による査読を受けてプロトコルを国際誌に事前登録した。予備実験における効果量を利用した検定力分析に基づき105名の参加者を無作為に三群の温度条件に分けてサイコロ課題を実施した。実際の出目と報告された出目の差を従属変数として室温 (高,中,低) の効果を分散分析により検定した。結果として有意な主効果は見られなかった。様々な実験上の留意点を明らかにし,知見の一般化可能性について議論する。

    The widespread prevalence of fraud has led to numerous studies on its causes and prevention. For example, one recent study found a link between room brightness and occurrence of fraud behaviors. However, other physical environmental factors, especially temperature, which has numerous effects on human behavior, could influence fraud behavior but have not been examined. Therefore, the present study aims to investigate whether temperature affects fraud. We pre-registered a proposal to an international peer-reviewed journal as a registered report to enhance the reliability and transparency of the research. Based on a power analysis using the effect size from a pilot study, we recruited 105 participants and randomly divided them into three temperature groups, then counted fraud behaviors in each group and tested significant differences by using an ANOVA. Although no significant difference was observed, we clarify various considerations in the experiment and discuss the generality of the finding.

  • 呉 雪, 佐々木 恭志郎, 山田 祐樹
    セッションID: OS3_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    The uncanny valley phenomenon is assumed to be due to the anxiety of threat to human distinctiveness. According to previous studies, it is hypothesized that human-like robots are considered as belonging to the out-group, which leads to anxiety. Because the human faces of out-group members are difficult to recognize, we predicted that a similar effect would be obtained. The experiment contained a 2 (category: Human vs Human-like Robot) × 3 (facial expression: positive, negative and control) within-subject factor. Sixty face images with different expressions were selected through an online survey. In the experiment, observers learned half of the face images randomly. Then after a 5 minutes crossword puzzle, observers saw all the face images and recognized whether it has been learned before. The results showed that recognition performance was better in the negative expression condition than in the other conditions, although the performances were not significantly different between the categories.

  • 香りに対する性別の知覚が触り心地に及ぼす影響
    井関 紗代, 元木 康介, 坂田 亮佑, 北神 慎司
    セッションID: OS3_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    バラのような女性的な香りが付着した布は,やわらかい,滑らかだと知覚されやすい(e.g., Laird, 1932; 西野他, 2014)。加えて,柔らかい(vs 硬い)ボールをにぎっていると,性別が曖昧な顔は女性だと判断されやすいことも示されている(Slepian et al., 2011)。これらのことから,「女性 = 柔らかい・滑らか」「男性 = 硬い・粗い」というジェンダーに関するメタファーが存在すると考えられる。本研究では,予備調査で選定した中性的な香りに対して,女性(vs 男性)と関連づけた学習をすることで,新たに女性的(vs 男性的)という意味的な連合をつくり,その香りが付着した紙の触り心地に及ぼす影響を検討した。その結果,香りの学習において,女性条件の参加者は,粗い紙の触り心地をポジティブに評価することが示された(vs 男性条件)。したがって,中性的な香りであっても,女性的という意味的連合を新たに獲得することで,その香りは滑らかさの知覚を促進することが示唆される。

  • 林 美都子, 富塚 汐音
    セッションID: OS3_5
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    当初買う予定のなかった商品を店頭のPOP広告に誘発され、うっかり購入することは日常でもよく経験する。本研究では、このような非計画購入を誘発しやすい書体について、主にサーストンの一対比較法を用いて検討した。ミカンやリンゴ、メロンなどの果物名をMS明朝体、HG行書体、NemukeMedium等の9種類の書体で一対ずつ左右に並べて印刷し、どちらの書体で印刷されたものがより購入したいか強制的に回答を求める調査用紙を大学生を対象に配布し、100名分の分析対象データを得た。分析の結果、HG創英角ポップ体がもっとも購入意欲を喚起し、ついでHG丸ゴシックM-PROやMSゴシックが刺激し、しろくまフォントや851チカラヅヨク-かなBフォントはもっとも購入意欲に影響しないことが示された。丸味を帯びた書体の方がポジティブな影響を示したのは、果物が対象であったせいかもしれず、今後の検討課題である。

口頭発表 4:注意
  • 反田 智之, 河原 純一郎
    セッションID: OS4_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    我々消費者は,商品やサービスを選択する際,事業者側が明記するリスクを理解した上で選択する必要がある。しかし,我々の注意は選択的であるため,リスクが明記してあったとしてもその表記を見落とす可能性がある 。本研究では,レイアウトの異なる 2社の金融商品のパンフレットを用い,リスク表示に被験者が注意・記憶できるかを検討した。被験者はいずれかのパンフレットの指定された範囲を読み,重要と考える点を注意スパン描出法で回答した。ページの見出しでのリスクという語の有無を操作した。リスク表示を検出した人数を比較したところ,見出しあり条件のほうがなし条件よりも多かった。また被験者属性の効果を検討するため,大学生と一般消費を対象に検討したが,結果の傾向は同じだった。これらの結果は,事業者がリスクを明記した場合でも,ページの見出しやレイアウトが消費者のリスクに対する注意と気づきを左右することを示唆している。

    Customers need to choose products or services while understanding risks of them. However, the descriptions of the risks cannot necessarily be detected and recognized due to the lack of attention. The present study examined that whether participants recognize descriptions of risks with two types of brochures of foreign-currency insurance products. Participants were instructed to read one of the brochures and to prioritize critical descriptions using metaattentional drawing procedure. We manipulated the presence or absence of the page title describing major risks. The descriptions about risks were frequently recognized under the title-present condition relative to the title-absent condition. The number of descriptions about risks did not produce significant impact on the participants’ awareness. These results indicated that the presence of explicit title is critical to acquire consumers’ awareness about the risks of insurance products.

  • Yu Yana, Li Yaohan, Li Ming, Zhang Xuemin
    セッションID: OS4_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    This study investigated the influence of bilingual subtitles on attention allocation and comprehension while watching films with foreign language soundtracks. Eighty-eight college students whose native language was Chinese and second language English participated in the experiment. Two film clips, one with a low amount of scene information, another with a high amount of scene information, were used. Participants watched the clips in no subtitles, monolingual subtitles (Chinese) or bilingual subtitles (Chinese and English) condition, with their eye-movements recorded. An information test about the contents of the film was taken after watching each film clip. The results showed that when the film clip contained a lower amount of scene information, participants tend to spend more time reading English subtitles in bilingual subtitles, and the presence of bilingual subtitles might impair acquisition of scene information. We further discussed the results from the perspective of cognitive load theory.

  • 小林 穂波, 武藤 拓之, 清水 裕士, 小川 洋和
    セッションID: OS4_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    We examined selective attention processes involved in the Eriksen flanker task by using hierarchical diffusion models. The model proposed by White, Ratcliff, and Starns (2011) assumed that attention is initially distributed across all stimuli, and that the attentional spotlight narrows to focus on the target stimulus during the time course of a trial. Our study extended this model to account for the well-known effect that the flanker interference decreases as interstimulus spacing broadens. The previous model did not fit the observed data of our experiment well. Therefore, we have proposed an alternative method of calculating the information accumulation rate within a trial, as the ratio of target-related information to all the inputs. Moreover, the model fit was improved by assuming a more converged distribution than the normal distribution as representing attentional distribution.

  • 上田 祥行, 齋木 潤
    セッションID: OS4_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    視覚探索は日常でよく行われる行動の一つであり、ある場面での注意の働きを調べるのに適した課題として、よく用いられてきた。視覚探索は、ターゲットと妨害刺激の関係性を操作することで様々な課題を作成することが可能であり、アイテム間のどのような関係性が探索成績に影響を与えるのかについては多くのことが知られている。その一方で、刺激セットを超えた個人内の成績の一貫性や、この一貫性を説明するような要因については、未だ不明な点が多い。本研究では、90名の参加者に8種類の視覚探索および個人特性に関する質問紙を実施し、階層線形モデルを用いてどのような要因が視覚探索の個人差に寄与しているのかを検討した。その結果、探索効率の低い課題では、共通して、行動抑制システムに関わる指標が成績に強く影響しており、探索効率の高い課題では、新奇性追求や協調性といった要因が成績に影響していることが示された。

  • 山上 尚彦, 永井 知代子, 園生 雅弘, 斉藤 史明
    セッションID: OS4_5
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    一連の行動を計画して実行する「遂行機能」は主として前頭葉がその機能を担っている事が知られている。その遂行機能の一部として、「関連の無い情報への注意や不適切な行動を抑制する能力」が障害される「抑制障害」の機序については不明な点が多い。読解力やワーキングメモリとの関連が示唆される研究例もあるが、基礎的な研究において実験的な手法によって示唆される例が多く、実際の臨床例のデータは少ない。本院の外来において中枢神経系疾患患者の認知機能検査を実施する際に抑制障害が認められた例においては注意能力や記憶能力など様々な認知機能が要因となっている可能性が考えられた。そこで、本研究は本院での外来における中枢神経系疾患患者の認知機能検査の結果と脳画像を、抑制障害の有無に分けて比較し、抑制障害と関連の深い脳部位および認知機能を検討する事を目的とする。

口頭発表 5: 社会的認知
  • 松田 憲, 畔津 憲司, 有賀 敦紀
    セッションID: OS5_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    選択のオーバーロード現象とは,過剰な商品選択肢は消費者にかえって負担になり,購買意欲を抑制してしまう現象である。Haynes(2009)は,タイムプレッシャーによって焦燥感を明示的に与えた場合にオーバーロード現象が生起することを示したものの,その後の研究での追試が成功していない。本研究は,選択を待つ他者の存在によって焦燥感を非明示的に与えることで選択のオーバーロード現象が生起するかを検討した。参加者の半数は,10名の待機列が視界に入る状態で4枚ないし12枚の画像の中から欲しい画像の順位付けを行い,その後に全順位付けに対する満足度と後悔度の評定を行った。残り半数の参加者は,待機列のいない状態で同様の手続きで行った。その結果,選択時に待機列があることで選択のオーバーロード現象が生起した。待機列によって生じた焦燥感が認知的制御を妨害し,効用を最大化するような厳密な論理による選択が阻害されたことによると考える。

  • 眞嶋 良全, 中村 紘子
    セッションID: OS5_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    オンライン調査の回答者は,自己の所有する端末を用い,さまざまな環境下で回答を行う。本研究では,端末の種類(モバイル端末 vs PC)および,心理尺度の提示形式(1問 vs マトリックス)が調査への回答,特にその質にどのように影響するかを検討した。クラウドソーシングサービスを介して集められた参加者 (モバイル端末 n = 520,PC n = 485) はランダムに1問またはマトリックス条件に割り当てられ,注意チェック (ACQ),教示操作チェック (IMC),日本語版自尊感情尺度 (SE),日本語版 TIPI-J を含む調査に回答した。その結果,モバイル端末を使用した回答者では,IMC の通過率,SE の内的一貫性,TIPI の下位尺度を構成する項目間の相関が低下することが示された。また,心理尺度における回答の質は,1問形式に比べマトリックス形式において低下することも示された。

    In an online study, participants usually answered questionnaires using their own device. The present study investigated how the type of device (mobile vs. PC) and presentation format (single vs. matrix) impact quality of data obtained in online survey. Participants (mobile users = 520, PC users = 485) randomly assigned to either single or matrix condition completed questionnaires including attentional check question, instructional manipulation check, Rosenberg"s self-esteem scale, and Ten-item Personality Inventory (TIPI-J). Our results indicated that participants with mobile device were less likely to pass IMC question, and that internal consistency of self-esteem items and inter-item correlations of TIPI tended to show lower quality in mobile users than PC users. Furthermore, it was also shown that data quality was relatively lower when participants were presented with questions in matrix form than single (one items per page) form.

  • 確率的信念の違いを生む文脈効果の検討
    本田 秀仁, 松香 敏彦, 植田 一博
    セッションID: OS5_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では、言語的確率表現に基づく意思決定について分析を行い、文脈効果を検討した。具体的には、意思決定者の異なる確率的信念を生み出す文脈の違いによって意思決定がどのように変化するかについて検討を行った。この際、文脈効果はDecision by Samplingモデル(Stewart et al., 2006)によって説明できるという仮説のもと、Decision by Belief Samplingという新たなモデルを提案し、行動実験を実施した上で仮説の検証を行った。結果として、文脈の違いによって意思決定は変化し、またこの変化はDecision by Belief Samplingモデルによって説明できることが示された。

    In the present study, we analyzed decisions based on verbally expressed probabilistic phrases (verbal probabilities) and examined how contextual factors affected such decisions. In particular, we focused on the difference in contexts that produced different probabilistic beliefs with regards to uncertain events. We hypothesized that such contextual effects could be explained in terms of a Decision by Sampling (DbS) account (Stewart et al., 2006). In order to examine our hypothesis, we proposed a modified version of DbS, Decision by Belief Sampling (DbBS), and conducted behavioral experiment about decision making. Results showed that decisions were significantly affected by the variation in contexts, and DbBS well explained such effects.

  • 中村 航洋, 浅野 正彦, 渡邊 克巳, 尾野 嘉邦
    セッションID: OS5_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    政治的意思決定や選挙行動は,政治家の掲げる公約や政策の内容だけでなく,有権者の偏見や政治家の容姿といった,政治とは直接的関連の薄い要因にも左右される。しかしながら,人々がどのような容姿を政治家としてふさわしいと感じ,なぜそれが政治的意思決定に影響を及ぼすのかは明らかにされていない。本研究では,逆相関法を用いた顔画像分類から,日本人が心のなかで想像する政治家の顔ステレオタイプを可視化し,政治家らしいと判断される顔の特性について明らかにすることを目的とした。実験では,2016年の参議院議員選挙候補者の平均顔にランダムノイズを付加した2枚の画像を生成し,実験参加者に「内閣総理大臣」あるいは「防衛大臣」にふさわしい顔つきの写真を繰り返し選択してもらう課題を実施した。参加者の画像分類を逆相関法により解析した結果,各大臣としてふさわしい男性顔および女性顔のステレオタイプを可視化することができた。

  • 視空間的視点取得との共通性
    武藤 拓之, 永井 聖剛
    セッションID: OS5_5
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    他者の感覚知覚体験を想像する認知過程は知覚的視点取得と呼ばれる。その中でも視空間知覚の想像(視空間的視点取得)を扱ったこれまでの研究では,他者の視点から見た物体の左右位置を判断する際に,他者の位置まで自己の身体を移動させるイメージが用いられることが指摘されている。その証拠として,自己と他者の視点の角度差が増大するほど反応時間が増加する角度差の効果や,他者の向きに近づくように身体を傾けると処理が促進する姿勢一致効果などが挙げられる。本研究では,視空間知覚だけでなく聴空間知覚の想像時にも同様の身体移動イメージが用いられるか否かを明らかにするために,視覚提示または聴覚提示された刺激の左右位置を他者の視点から回答する課題を用いて2つの実験を実施した。実験の結果,聴覚条件においても視覚条件と同程度の角度差の効果と姿勢一致効果が生じ,視空間と聴空間の視点取得が処理を共有していることが示された。

口頭発表 6:記憶
  • 西村 友佳, 津田 裕之, 小川 洋和
    セッションID: OS6_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    自人種顔が他人種顔よりも優位に認識できる現象を人種効果と呼ぶ。本研究は顔画像に対するWM形成過程のタイムコースを検討することで、記憶容量と符号化速度のいずれに人種効果が表れるかを調べた。実験課題は、自人種顔(アジア人顔)または他人種顔(黒人顔)に対する見本合わせ課題で、記憶刺激の呈示時間を250 msから1500 msまでの5段階に設定した。分析では、呈示時間に対する記憶成績(Cowan’s K)の変化に対して関数当てはめ(K = a{ 1 - exp( -bt ) })を行い、記憶容量(パラメータa)と符号化速度(t = 0時点の接線の傾き)を算出した。その結果、自人種顔の方が他人種顔よりも記憶容量が大きく、符号化速度が速かった。この結果から、WMにおける人種効果の生起には記憶容量と符号化速度の両方が関与していると示唆される。

  • 小林 正法
    セッションID: OS6_2
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本邦においてオンラインを介した心理学実験は増加しつつある。これまでの研究によってオンライン実験の妥当性はある程度示されている。このように,オンライン実験は心理学研究における有用な手法の1つであるものの,いくつかの実験手続きや課題はオンライン実験で利用できないというのも事実である。例えば,再生テストは予測変換機能による支援が生じるため,オンライン実験での利用には適していない。近年,この再生テストにおける問題に対応するプラグインが開発された。しかし,このプラグインの妥当性は不明であった。そこで,本研究ではこのプラグインを用いて,再生テストを指標とする記憶現象(虚記憶,検索誘導性忘却)が再現できるかを検証した。実験の結果,虚記憶,検索誘導性忘却ともに再現された。このように,一定の状況下において再生テストを用いたオンライン実験で実施できることが明らかになった。

    Psychological experiments vis online become popular in Japan. Previous studies indicated some evidences of validity of online experiment. Although online experiment is one of efficient way for psychological researches, it is true that some procedures or tasks are not available in online experiments. For example, recall tests is not suitable for online experiments, because the suggestion function, which is included in Input Method Editor(IME), can aid recall when participants type their response. Recently, I developed a plugin that might overcome this problem. However, its validity has remained unclear. Therefore, this study investigated whenever recall-based phenomena, false memory and retrieval-induced forgetting, is replicated when the plugin is used. My results found that false recall and retrieval-induced forgetting were successfully observed. Given my results, online experiments using recall tests can be conducted under certain situation.

ポスター1
  • 外的基準が内的基準による意思決定に影響する程度と不決断傾向との関連
    朱 建宏, 片平 健太郎, 平川 真, 中尾 敬
    セッションID: PT1_1
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    日常生活では,外的環境における価値基準に沿って判断する場合があれば(外的基準による意思決定,EDM),自分の好みや信念により判断する場合もある(内的基準による意思決定,IDM)。朱ら(2019)では計算論モデルを用い,EDMを通して学習した価値がIDMに影響することが示唆されたが,その程度には個人差が存在する。本研究では,EDMで学習した価値がIDMに影響する程度と,意思決定の困難さに関する個人特性である不決断傾向との関連を検討した。その結果,不決断傾向が高い人ほど,EDMで学習した価値がIDMに影響しにくいことが示された。不決断傾向の高さはミスを恐れるなどの完全主義と関わっていることが知られており,そのような特性がEDMにおける価値とIDMにおける好みとを明確に分けて意思決定を行うことにつながっている可能性がある。

  • 鍋田 智広
    セッションID: PT1_3
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    大学生参加者が論述課題を実施した。課題はふたつの問題から構成され,各問題は用紙1枚に印刷された。問題の各々が思考抑制条件と統制条件に割り当てられ,参加者は両方の問題に回答した。問題用紙には,問題文と教示文,侵入想起の記入欄が印刷された。思考抑制条件の問題の教示文では,コーヒーとお茶を考えないよう記載された。統制条件の問題では思考抑制の教示は記載されなかった。参加者は各問題の開始時と終了時の時刻を問題用紙に記入した。実験の結果,侵入想起頻度は思考抑制条件が統制条件よりも高かった。取り組んだ時間は思考抑制条件が統制条件よりも短かった。この結果は,思考抑制をしながら記述課題をすることで侵入想起の頻度が高まったこと,加えて思考抑制をした問題では取り組む時間が短くなったことを示している。

    The study investigated the effect of thought suppression about coffee and tea on motivation for learning outside classroom. Participants wrote two report tasks. In thought suppression condition, participants wrote a report as they suppressed thought about coffee and tea. In control condition they wrote a report as they thought about anything. When participants started and finished a report, they wrote down each time. The results showed that participants more frequently thought about coffee and tea when they wrote a report in the thought suppression condition than when they wrote a report in the control condition. Importantly the time spent on writing a report was shorter in the though suppression condition than in the control condition. The results suggested that suppression of thought about coffee and tea declined motivation to write a report.

  • 山岸 未沙子
    セッションID: PT1_4
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    高齢ドライバに関して,同じ年齢群ならば年間走行距離の短い方がリスクが高いLow Mileage Bias (LMB) が提唱され,その一因に認知機能低下による制限が挙げられた.近年では,質問紙による走行距離の正確性への疑問から,実際の走行距離でも実証されている.この実走行データは正確ではあるが,年間ともなれば高コストである.短期間データでもLMBが確認できれば,正確かつ早期に高齢ドライバのリスクを評価できる.本研究では,GPSによる距離データからドライバを年間3000 km未満,3000 km以上,月間250 km未満,250 km以上の低群,高群に分類すると共に,走行距離,年齢群,性別で高齢ドライバのcrash and near-crash (CNC) の発生を推定した.月間データでもLMBがみられれば,低群のCNCは多く,認知機能も低いはずである.その結果,月間走行距離でも低群のCNCが多いというLMBがみられ,Trail Making Test成績の低下も示唆されたことから,短期間データでの高齢ドライバのリスク推定への可能性が得られた.

  • 後藤 理咲子, 北神 慎司
    セッションID: PT1_5
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    嘘をつく人は真実を話す人よりも認知的負荷が高いことが知られている。本研究では,認知的負荷量を測定することで虚偽検出が可能であるかを検討するため,その方法として有効視野範囲の測定を用いて実験を行った。嘘をつくとその負荷によって有効視野範囲は縮小することが予測された。はじめに参加者を隠蔽あり群となし群にランダムに分け,隠蔽あり群に対しては嘘をつきそれを隠す課題であると教示した。課題は,提示されるカードを記憶した後に,その内容について一致もしくは不一致の内容を指示に従って回答し,直後に画面上に現れる光点を検出することであった。以上を一試行として96試行行った。その結果,視角18°において隠蔽あり群はなし群よりも光点の正答率が低下した。この結果は,嘘をつく課題によって生じる負荷が有効視野を狭めたことを示しており,有効視野範囲の測定が虚偽検出の方法の一つとして提案できる可能性を示唆するものである。

  • 鈴木 悠介, 永井 聖剛
    セッションID: PT1_6
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    我々は視覚刺激が高い/低い位置に提示されたときに高/低ピッチでの発声を求められるとき、逆の組み合わせよりも、発声までの反応時間が短くなることを見出し空間位置の高低とピッチ高低に関する情報が知覚および運動反応システムにおいて共有されていることが示唆された(鈴木・永井, 2019 関西心理学会)。本研究では、視覚刺激の空間位置が課題無関連な場合においても、空間位置高低が発声ピッチ反応に影響を及ぼすのか検討した。実験参加者は、高いまたは低い位置に提示される視覚刺激の色(赤または緑)に対し、高いまたは低いピッチの発声を行うことが求められた。色と発声ピッチの組み合わせは実験参加者間でカウンターバランスされた。実験の結果、課題無関連な視覚刺激であっても空間位置の高/低と発声ピッチの高/低に対応が認められ,同効果の頑健性が示された。

  • 林田 脩平, 伊丸岡 俊秀
    セッションID: PT1_7
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究は、歩行時の若年者と高齢者の身体周囲の視覚処理特性を研究しています。これまで転倒の原因として、「身体面」での変化による影響が確認されていますが、それ以外にも「視野の狭さ」といった認知的な要因も影響することが考えられる。今回の実験では、ルームランナーで若年者と高齢者を歩行させながら身体の正面と斜め下方向の2か所にディスプレイを配置し、attentional visual field taskを行った。実験の結果、高齢者において目標刺激の位置を正確に判断することは難しかったですが、大まかな位置の判断は可能であることが示されました。目標刺激の位置を正確に判断する場合において、高齢者では斜め下方向での検出成績に比べ、正面方向での成績が下がる傾向が見られた。また、大まかな位置を判断する場合には、ディスプレイ位置条件による違いが見られないことがわかった。

  • 勝又 綾介, 一川 誠
    セッションID: PT1_8
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    空間的注意は,内発的注意と外発的注意のどちらも,注意が向けられた空間的位置の知覚を促進する。勝又・一川(2018)は,内発的注意と外発的注意における持続時間知覚への影響を検討し,外発的注意を向けた時のみ持続時間伸長効果が生じることを報告した。持続時間伸長効果の基礎過程の解明のため,内発的注意,外発的注意それぞれについて,注意によるターゲット刺激への反応時間と刺激オンセットの知覚的時間定位との関係を調べた。内発的注意,外発的注意のどちらにおいても,注意を向けた位置とターゲットの位置の間の関係に,一致,中立,不一致の3条件を設けた。反応時間は一致,中立,不一致条件の順で短くなり,刺激オンセットの時間的定位も同じ順序で前方にずれた。しかしながら,反応時間と時間的定位との間の相関が認められたのは外発的注意のみであった。持続時間知覚における内発的注意と外発的注意の影響の差異の基礎について議論する。

  • 武野 全恵, 北神 慎司
    セッションID: PT1_9
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    注意範囲の縮小は,恐怖や脅威といった覚醒を伴う場合に生じる考えられている。一方で,覚醒を伴わなくとも文脈に不一致な物体が存在することで注意が縮小し,周辺記憶を悪化させるという報告もある。そこで本研究は,文脈の一致不一致が覚醒度の高低に関わらず,注意の縮小を生じさせるのかについて検討した。実験では,非脅威あるいは脅威である物体と背景画像を組み合わせた刺激の呈示後,Navon課題を用いて注意範囲の変化を測定した。実験1では物体と背景が意味的に一致せず,かつ出現頻度が低い物体を文脈不一致条件とし,時系列かつ意味的な文脈逸脱が注意範囲を縮小させるかについて検討を行った。実験2では,意味的な文脈の操作を行い,時系列的な文脈不一致の影響について検討した。その結果,実験1でのみ,刺激の覚醒度の高低ではなく,文脈不一致条件で注意範囲が縮小し,文脈が意味的に逸脱する場合に注意の範囲が狭まることが示唆された。

  • 満田 隆, 田中 晴哉
    セッションID: PT1_10
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    他者が視線を向けた対象の好意度は高くなることが知られている。しかし近年はこの効果を否定する研究報告もある。他者視線を挟むように二つの対象を左右に並べて提示し、二者択一で選好を行わせると大きな効果が観測されることから、他者視線は好意度とは関わりなく選択にバイアスを生じさせる可能性がある。そこで本研究では、二肢強制選択課題における他者視線の影響の大きさを、選好課題、選嫌課題、客観的課題で比較した。実験の結果、選好課題だけで、視線方向の画像がチャンスレベルよりも有意に高く選択された(p =.014)。また、参加者が初めに視線方向の画像を見た割合は3つの課題でほぼ等しかったが(選好; .71, 選嫌; .70, 客観; .69)、初めに見た画像を選択した割合は選好課題のみチャンスレベルより有意に高かった(M=.57, p =.03)。選嫌課題では負のバイアスが見られなかったことから、他者視線が画像の好意度に与える影響には課題依存性があると考えられる。

  • 林 韻
    セッションID: PT1_11
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    近年、言語の処理や理解において、物体の形や色などの多様な経験的痕跡が活性化することを示す研究により、身体性認知理論が多くの支持を得ている。しかし、この影響を逆方向に検討した研究はまだ少ない。本研究では、プライミング法を用い、中国人上級日本語学習者が単語を処理する際、単語における典型色の色情報の活性化が単語処理に及ぼす影響を検討した。また、単語の形態(漢字単語・かな単語)によって色情報の影響に異なる出方があるか否かについても検討した。実験では、ターゲット単語における典型色・非典型色のついた四角形がプライムとして呈示されてからターゲット単語が呈示され、その単語に対する語彙判断課題が求められた。その結果、単語の形態にかかわらず、典型色による促進効果がみられ、経験的痕跡が言語理解において重要な役割を果たすことが再検証された。

    Embodied cognition theories have got much support in recent years from studies showing that multimodal experiential traces are activated during language processing and comprehension. However, there are not many studies examining this influence in the opposite direction. Here, we investigated the influence of modal (typical colors) during word processing in advanced class of Chinese Japanese learners. We also examined whether the effects of typical colors work in a different way depending on the form of words (kanji and kana words). In the experiment, the target word was presented after the prime, a rectangle with typical or atypical color in the target word, in which a lexical-decision task was required. As a result, the facilitation effect of typical colors was observed regardless of the form of words, further strengthening that empirical traces play an important role in language processing.

  • 交差的妥当性の検証
    井関 龍太
    セッションID: PT1_12
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    昔話や民話では,同じようなエピソードがくり返し現れることがある。『三匹の子豚』や『山姥』など,典型的にはくり返しの回数は三回であることが多い。そのようなくり返しは,登場人物による目標達成のための試みのくり返しを表しているとされる。そのような観点から考えると,試みを実行する登場人物が変わる場合(三人の兄弟など)には,同じ人物が試み続ける場合よりも目標達成の試みが最終的には成功したり,あるいは,先行する人物のふるまいを厳密に踏襲しなかったために失敗したりすることが考えられる。口承民話を収集した『ハンガリー民話集』をこのような観点から分析したところ,くり返しに登場する人物の異同と最終的な成果の変化に明確な関連は見られなかった(井関, 2019, 日心大会)。しかし,この結果は分析対象が属する文化に依存する可能性も残る。本研究では『ラテンアメリカ民話集』を分析し同様の結論を得た。

  • 文章の視点の違いによって生成される表象は異なるのか?
    細川 亜佐子, 永井 淳一
    セッションID: PT1_13
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    英語圏の研究 (Borghi, Glenberg, & Kaschak, 2004)では,文章理解時,登場人物の視点からその情景を見るような知覚的表象が生成されると示唆されている。他方,文化的認知様式は心理プロセスに影響を及ぼすとされ,文章理解時の知覚的表象の生成でも認知様式の文化差が反映される可能性がある。本研究はBorghi et al. (2004)を日本語で追試し,表象生成過程における文章の視点の効果を確認し,視点の効果は文化的認知様式を反映しているか検討した。文章(「あなたは車を運転しています。」)が示す対象への視点により,文章と対象の構成部位を表す語(「ハンドル」「タイヤ」)との関連性の反応時間に差が生じるか調べた。Borghi et al. (2004)と同様,文章の視点(内側/外側)と語が示す部位(内側/外側)が一致する場合,一致しない場合より反応時間が短かった。視点に関する言語的手がかりにより知覚処理が活性化され,生成された知覚的表象は,認知様式の違いによらず類似した傾向があると示唆される。

    The anglophone studies (Borghi, Glenberg, & Kaschak, 2004) has demonstrated differences inperspective of the protagonist in sentences vary information obtained from sentences, suggestingwhen readers comprehend sentences, they generate perceptual representations with perspectiveof the protagonist. On the other hand, cultural cognitive styles affect psychological processes. Theprocess of perceptual representations in sentence comprehension may also reflect culturaldifferences in cognitive styles. We tested the effect of the perspective on the process ofrepresentation and whether differences in cultural cognitive styles affect the effect of perspectivewhen we retested using Japanese in Borghi et al. (2004). As a result, the RT was faster forcondition perspective and location of the part matched than for condition didn’t match. The resultreplicated Borghi et al. (2004). Perceptual processing is activated by linguistic cues about theperspective, suggesting that the perceptual representations generated tend to be similarregardless of cognitive style.

  • 若年者側のコストとしての顔再認記憶成績の分析
    原田 悦子, 鷹阪 龍太, 田中 伸之輔, 水浪 田鶴, 須藤 智
    セッションID: PT1_14
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    Suzuki(2018)は「いい人/悪い人」の行動を複数回体験する投資信頼ゲームにおいて,高齢者は「個別の相手の信頼性」の学習が困難であることを報告したが,その学習支援として原田ら(2020)は,信頼ゲームの際「高齢者が若年成人と相談できる」効果を検証した.その結果,高齢者の投資ゲーム成績は向上し,その要因として若年成人とのペア実施が高齢者の制御焦点に影響を与えた可能性を示唆した.本研究はそうした学習支援がもたらす負の影響として,若年成人の顔写真再認記憶成績の低下を報告し(実験1),若年成人同士のペア条件との比較から,その成績低下が若年成人群の年齢の効果,あるいはペアでの課題遂行によるものではなく,「高齢者とペアを組むこと」による効果であることを示した(実験2).高齢者にとっての若年成人との対話がもたらす利益を強調しつつ,そこに生じる若年成人の対話負荷についても注意をする必要性が示された.

    Suzuki (2018) reported that older adults have difficulty in learning individual"s trustworthiness in the investment game, in which they experience "good/bad guy" behaviors four times. Based on this, Harada et al.(2020) examined facilitating effects of conversation with younger adults on older adults" game performance, showing that improvements coming from shifting regulatory focus, not from improvement of their memory. In this study, we analyzed negative sides of supportive activity on face-recognition memory performance, which appeared only with younger adults (exp.1), and compared it with the new condition, the pairing younger adults (exp. 2). Results showed that decline in face memory by younger adults in exp.1 was not due to the age of younger participants, nor executing the task in pair, but to being paired with an older partner. Although for elders conversation with younger adults give benefits, we should be aware the cost of younger adults, as conversational load.

  • 中村 紘子, 眞嶋 良全
    セッションID: PT1_15
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    目的論とは,「水が存在するのは,地球で生命を生き残らせるためである」というように,自然現象が何らかの目的を持って存在するという考えである。目的論的信念は成人でもみられ (Kelemen & Rosset, 2009), 自然科学者であっても認知負荷がかかると目的論的信念を正しいと判断しやすくなるなど (Kelemen et al., 2013), 対象が目的や意図を持つという目的論的信念は直観的であり, 人のデフォルトの説明機序である可能性が指摘されている。本研究では日本人参加者を対象に,目的論的信念と認知的直観性・熟慮性との関係を検討した。その結果,認知負荷のある状態では目的論的信念を正しいと判断しやすく, また,認知的熟慮性は目的論的信念と負の傾向に関係にあることが明らかとなった。日本人においても,自然現象を理解する際に, 直観的過程では目的論的信念に従った解釈をしやすい可能性が示された。

  • 伊藤 友一, 田仲 祐登, 辻 幸樹, 品川 和志, 柴田 みどり, 寺澤 悠理, 梅田 聡
    セッションID: PT1_16
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    人の思考には時間(過去/未来),感情(ネガティブ/ポジティブ),自己/他者など様々な方向性があり,特に未来に関する思考のポジティブバイアスが多くの先行研究で示されている。しかしながら,それらは個人的な未来の想像を主な対象としており,他者の未来の想像でも同様のバイアスが生じるのかは明らかでない。本研究では,「私(彼)は/将来/試験に…」のように文手がかりを,主語,時間,内容の順に呈示し,自己または他者の未来について思考するよう参加者に求めた。このとき思考の感情価は参加者が任意に決定した。ポジティブ思考数がネガティブ思考数より多いことを以てポジティブバイアスとし,その傾向が自己に関する思考と他者に関する思考との間で異なるかどうか検討した。その結果,他者の遠い未来を想像するときにより強いポジティブバイアスが生じており,自己-他者間で異なる感情処理がなされていることが示唆された。

  • 計算論モデリングと行動抑制系/行動賦活系
    河原 哲雄
    セッションID: PT1_17
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    健常な大学生を対象にアイオワギャンブリング課題を実施し,不確実な状況における選択反応の学習データを,強化学習の階層ベイズ計算論モデルにフィッティングした。Prospect Valence Learning(PVL)-Delta, PVL-Decay, Value-Plus-Perseverence(VPP), Outcome-Representation Learning(ORL)の4つのモデルのうち,ORLモデルの適合度が最も高かった。ORLモデルの個人別パラメータは,獲得額と損失額の分布特性が異なる4つのデッキすべてについて,関連があるものが存在していた。一方,ギャンブル課題と同時に取得したBIS/BAS尺度日本語版の下位尺度得点は,損失リスクの高いデッキ(AとB)と関連するものしか見いだされなかった。強化学習パラメータとBIS/BAS下位尺度の間には関連が見られなかった。

  • 杉本 光, 大武 美保子
    セッションID: PT1_18
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    To improve cognitive functions in older adults, we have developed a social activity-based intervention program, named Photo-Integrated Conversation Moderated by Robots (PICMOR). To examine the intervention effects on cognitive functions, we previously conducted a randomized controlled trial for healthy older adults. In this pilot study, we conducted a follow-up experiment using magnetic resonance imaging (MRI) to provide candidate brain regions that could reflect the beneficial effects of PICMOR on the volume. Results showed that the volume of the lateral prefrontal cortex was significantly greater in the intervention group than in the control group. We also identified greater volume in the intervention group in the medial temporal lobe, posterior middle temporal gyrus, and postcentral gyrus. No regions showed greater volume in the control group than in the intervention group. Future research is needed to confirm this possible intervention effect by collecting and comparing MRI data from the pre- and post-intervention periods.

  • 森田 泰介
    セッションID: PT1_19
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では,展望的記憶課題における意図状態に関する情報の想起に伴う経験が,予定の想起順序や加齢によりどのような影響を受けるのかを検討した。105名の若齢者及び102名の高齢者に,翌日以降の3日間に予定されていることを7件想起するよう求めた。また,予定を想起した際に,各予定を忘れずに実行せねばならないと感じた程度を評定するよう求めた。その結果,高齢者は若齢者と比較して,予定を忘れずに実行せねばならないと感じる程度が有意に高いことが示された。また,若齢者においては予定を忘れずに実行せねばならないと感じる程度が想起順序によって有意に異なるが,高齢者においては想起順序の効果が認められないことが示された。これらの結果について,展望的記憶課題の実行を支える認知機構,特にコミットメントマーカーと加齢との関係の観点から考察した。

  • 橋本 淳也, 柏原 志保, 小林 亮太, 本多 樹, 朱 建宏, 原口 優輔, 山本 一希, 岩佐 康弘, 中川 莉沙, 庵野 真代, 孫 ...
    セッションID: PT1_20
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    時間的展望のバランス(以下,BTP)とは,状況や目標に応じて過去,現在,未来それぞれへの指向をうまく切り替えることを指す。この切り替えにはメタ認知能力が重要であり,BTPとメタ認知の関連が示唆されている。しかし,BTPの高い者が実際にメタ認知の関わる情報処理をうまく行うことができているのかについては明らかとなっていない。そこで本研究では,BTPと日常場面における情報源のモニタリングの失敗(リアリティ・モニタリング・エラー;以下,RMエラー)の経験頻度の関連について質問紙調査を行った。その結果,BTPからの逸脱の程度とRMエラーの経験頻度に正の相関が見られた。このことからBTPが高い者ほどRMをうまく行っていることが明らかとなり,BTPが高い者は実際にメタ認知能力を有していることが示唆される。

  • 渡邊 伸行, 中嶋 敏博, 大久保 敏子, 井上 朝陽, 井上 一浩, 濱村 浩三
    セッションID: PT1_21
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究は、既知人物の顔をどの程度鮮明に記憶していて、それをどのように言語化しているか、似顔絵捜査の手法を用いて検討することを目的とした。実験では、実験参加者を目撃者役として、ターゲット人物を実験参加者の既知人物とした。石川県警察の似顔絵捜査官が、似顔絵捜査と同じ手法で実験参加者からターゲット人物の証言を引き出し、その証言に基づいて似顔絵を作成した。似顔絵描画後に、実験参加者と実験協力者に、似顔絵とターゲット人物の類似度を評定してもらった。実験は7回実施し、最後の1回のみ、実験参加者に直前にターゲット人物の写真を呈示した。実験の結果、第1回~第6回で描画された似顔絵の平均類似度が50%前後であったが、第7回のみ類似度が60%を上回った。実験参加者の証言に基づいて、既知人物がどのように記憶されているか考察した。

  • 都賀 美有紀
    セッションID: PT1_22
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    「しまった。うっかり薬を飲み忘れた」などと後になってふと自身のし忘れを正しく思い出すことがある。日常のし忘れを思い出すことは、本来は知っているが一時的に思い出せない記憶エラーと考えられる。本研究ではこれをうっかり忘れと呼ぶ。先行研究では、うっかり忘れは展望的記憶の問題(山中, 2006)あるいはワーキングメモリの処理資源の問題(苧阪, 2014)と説明される。しかしながら、分類や背景メカニズムについて体系的な記述はこれまで示されてはいない。そこで本研究では、178名の大学生を対象に自身のうっかり忘れの出来事の自由記述を求めた。2212件の事例(M = 12.43, SD = 5.73)を収集し、梅本・大山・岡本・高橋 (2014) の忘却についての5つの分類項目に分けた(評定者2名)。知識や意図の忘却等既存の項目には当てはまらない事例があったため、抑制の失敗や情報の更新等の新規項目を追加した。追加項目は主に実行機能など日常生活の遂行に関わる機能と考えられる。

  • 山根 嵩史
    セッションID: PT1_23
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    メタ認知的モニタリングの手がかり利用アプローチによると,学習者が自らの学習過程に関する判断を行う際,学習の進行に伴って,ヒューリスティックな判断の手がかり(記憶手がかり)が形成される。本研究では,単語リストの学習−再認テストを繰り返す実験事態において,各再認課題における参加者の反応に対して,意思決定プロセスの分析モデルの1つであるIRTreeモデルを当てはめることで,記憶手がかりの形成過程を検討した。再認課題における反応時間に基づいて参加者の反応を分類し,速い反応と遅い反応において,参加者が同様の判断を行なっていることを仮定するモデルと,別種の判断を行なっていることを仮定するモデルをセッションごとに比較したところ,セッションの進行に伴って後者のモデルが支持されるようになり,判断が分化していくことが確認された。この結果は,記憶手がかりの形成過程を反映するものであると考えられる。

  • 中山 友則
    セッションID: PT1_24
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究は,意図・偶発学習パラダイムとDRMパラダイムを組み合わせ虚再認について検討を行った。さらにソースモニタリング教示を単語リスト呈示前に行い,虚再認が減少するかどうかを検討した。これまでの研究から,ソースモニタリング教示によって虚再生は比較的減少することが示されている。一方,虚再認においては,記憶テスト直前のソースモニタリング教示は有効ではないことが示されている。実験の結果,単語リスト呈示前のソースモニタリング教示は教示が無かった統制条件と比べ虚再認が増加した。また,正再認率も高くなっていることから,単語リスト呈示前のソースモニタリング教示は,記憶テスト時の判断基準を緩めることに繋がった可能性が考えられる。再生と再認で異なる結果が出ていることから,それぞれの課題に合わせた教示の必要性が今後の検討課題である。

  • 深井 健登, 井上 和哉
    セッションID: PT1_25
    発行日: 2021/03/15
    公開日: 2021/03/15
    会議録・要旨集 フリー

    Think/No-Thinkパラダイムより,記憶した単語対(手がかり語-対応語)について,手がかり語が呈示されたときに対応語を繰り返し考えないようにすることで,その対応語を意図的に忘却できることが示されている。このパラダイムを用いた研究では,対応語を考えないようにするために,対応語とは別の単語(代替思考)を想起するという代替思考方略が有効であることが分かっている。代替思考方略による忘却のメカニズムの一つに干渉説がある。干渉説によると,手がかり語と代替思考の連合強度が手がかり語と対応語の連合強度よりも強くなることで,対応語の想起が阻害され,忘却が生じる。そこで本研究では,代替思考と手がかり語の連合強度によって忘却量が異なるかを検討した。実験では代替思考として,手がかり語と意味的関連性の高い単語と低い単語を呈示し,新たに手がかり語と対連合学習させ,それらの忘却効果を比較した。

feedback
Top