J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本認知心理学会第9回大会
セッションID: P3-7

記事言語:

http://doi.org/10.14875/cogpsy.2011.0.90.0

ポスター発表3(感情・感性)
主催: 日本認知心理学会
  • 抄録

 近年、感性研究においてオノマトペへの関心が高まっている。本研究では、触ったときの感触を表現する日本語のオノマトペについて、主観的な使用頻度を定量化して基礎データを収集することを目的とする。大学生・大学院生36名(全て女性)を対象として、「ざらざら」「ふわふわ」など19語のオノマトペを提示し、日常会話の中でどの程度使うかについて1~5の5段階で評定させた。同じオノマトペについて生駒(2010, 日心大会)が定量化した主観的出現頻度との対応を分析したところ、極めて高い正の相関が得られた。

Copyright © 2011 日本認知心理学会

記事ツール

この記事を共有