日本調理科学会誌
Online ISSN : 2186-5787
Print ISSN : 1341-1535
資料
近現代におけるサメの食習慣
畦 五月
著者情報
キーワード: サメ, 調理法, 地域性, 食習慣, エイ
ジャーナル フリー

2015 年 48 巻 4 号 p. 308-319

詳細
抄録

 本研究では近現代に焦点をあてて,サメの食習慣を食用地域とその調理方法の観点から,あるいは特性の類似するエイとの対比において明らかにした。
 現代においてサメは東北地方で,エイは中四国を中心に利用されている地域性のみられる魚である。サメの調理法は時代の変遷とともに若干多様性を示しながら変化したものの,刺身・湯引きや煮物を主な調理法とし現代まで受け継がれている。一方,エイは煮物を主な調理法として食べられている特徴が見られ,サメとエイでは若干調理法に違いが見られた。
 含有される尿素によって鮮度低下が遅れるため長期間保存ができる共通した特徴を両魚は持つ。そのため山間部でも刺身を食べることができること,また様々な調理法で食べられること,地理的要因などが関係し,類似した地域性を維持しながら,今日まで両魚がハレの日の食材となりその食習俗を継承してきたと考えられる。

著者関連情報
© 2015 一般社団法人日本調理科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top