Drug Delivery System
Online ISSN : 1881-2732
Print ISSN : 0913-5006
ISSN-L : 0913-5006
特集 “組換えウイルスキャリア-遺伝子治療・ワクチン応用への新展開-” 編集 : 水口裕之
急速に進化をつづけるアデノ随伴ウイルスベクター
カスタムメイドベクターによる遺伝子治療の可能性
中井 浩之
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 24 巻 6 号 p. 582-591

詳細
抄録

アデノ随伴ウイルス(AAV)は,その誕生から現代に至るまで,自然選択(natural selection)により非常にゆっくりと進化を遂げてきた.ところが,2002年に100種を超える血清型やバリアントが霊長類組織から単離されて以来,人為的操作により急速な進化を遂げつつある.ウイルスの構造が単純で外殻蛋白の遺伝的操作が容易であることから,合理的設計法(rational design)と定向進化法(directed evolution)を用いることにより,使用目的に最も適したカスタムメイドAAVベクターが容易に作成,使用できるようになってきている.

著者関連情報
© 2009 日本DDS学会
前の記事 次の記事
feedback
Top