日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
原著
臀部に単発したverrucous porokeratosis
長谷川 道子田村 敦志
著者情報
ジャーナル 認証あり

2016 年 126 巻 2 号 p. 157-162

詳細
抄録

37歳,男性.臀裂に接した右臀部に,内側縁が疣状に隆起した21×17 mmの淡紅色角化性局面あり.切除標本組織像では,疣状を呈した皮疹辺縁部に大型で幅の広いcornoid lamella,局面内に表皮肥厚と大小多数のcornoid lamellaを認め,verrucous porokeratosisと診断した.本症は汗孔角化症の稀な一亜型であるが,類似した症例は種々の病名で報告されており,これらは他の病型の汗孔角化症よりも高発癌率を有する可能性があると推測した.

著者関連情報
© 2016 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top