竹中大工道具館研究紀要
Online ISSN : 2436-1453
Print ISSN : 0915-3685
一乗谷朝倉氏遺跡出土の建築部材の加工痕について
植村 昌子熊谷 透
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2022 年 33 巻 p. 3-19

詳細
抄録

本稿は一乗谷朝倉氏遺跡出土の建築部材13点の加工痕について調査した結果を報告するものである。その概要は以下の通りである。 ⑴敷居の溝は、小刀形状の道具で溝幅を定め、ノミで掘って形成されたと考えられる。溝挽鋸は使用されなかった可能性が高い。⑵製材はオガによる方法が主体であったと考えられるが、小さな部材は小割り用の縦挽鋸が使用された可能性がある。⑶材面の切削は、製材段階では斫り用の縦斧が使用され、次の段階で横斧(チョウナ)が使用されたと考えられる。⑷木口面は横挽鋸かノミによって切断される。

著者関連情報
© 2022 公益財団法人竹中大工道具館
次の記事
feedback
Top