栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
難消化性デキストリンのヒト便通に及ぼす影響
里内 美津子若林 茂大隈 一裕藤原 啓子松岡 瑛
著者情報
ジャーナル フリー

51 巻 (1993) 1 号 p. 31-37

詳細
PDFをダウンロード (595K) 発行機関連絡先
抄録

難消化性デキストリン (PF) の便通に及ぼす影響について検討する目的で, PF摂取後の糞便重量, 糞便水分量, 排便状態, 便性状, 胃腸症状等について調べた。
1) PF10~60g摂取後の便性状は大半がバナナ状~半練状であり, 下痢発症のED50値は2.4g/kg体重と推定された。また, 臨床上問題となるような胃腸症状は認められなかった。
2) PF35g/日, 5日の連続摂取で, 糞便重量, 排便回数の増加が認められたが, 糞便水分含有率は変化がみられなかった。
3) PF5~10g/日, 5日の連続摂取で, 排便状態の改善が認められた。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top