電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
Online ISSN : 1882-0875
SITE研究会提案
ハッカーの受容と史的展開
山根 信二
著者情報
ジャーナル フリー

9 巻 (2015) 3 号 p. 197-204

詳細
PDFをダウンロード (1469K) 発行機関連絡先
抄録

混乱するハッカー及びハッキングの理解を整理するために,本稿ではこれまでのハッカーのパブリックイメージがどのように形成されたのかをたどり,それらを史的展開の中に位置付ける.ハッカーの極端なパブリックイメージは時代ごとの不安が投影されていると考えることができる.これらはマスメディアによって作られただけでなく,計算機科学者や学会も役割を果たしてきた.更にハッカーに注目することで,これまでのコンピューティングの歴史を見直す新たな試みについて論じる.最後に今後の人材育成戦略についても取り上げる.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 電子情報通信学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top