電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
Online ISSN : 1882-0875
ISSN-L : 1882-0875
最新号
選択された号の論文の28件中1~28を表示しています
表紙
目次
ごあいさつ
レビュー論文
IT研究会提案
  • 野崎 隆之
    2019 年 13 巻 1 号 p. 7-19
    発行日: 2019/07/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー

    誤り訂正符号はディジタル情報に生じる誤りを訂正する基礎技術であり,信頼性が高い情報システムを実現する.消失訂正符号は誤り訂正符号の一種であり,ディジタル情報の消失を訂正する技術である.噴水符号は消失訂正符号の一つであり,ネットワークにおける一対多同報通信であるマルチキャストの信頼性を向上させることができる.本稿では,消失訂正符号と既存の噴水符号を概説した後に,筆者が提案したシフト演算を利用した噴水符号について説明し,その性能を比較する.

解説論文
MSS研究会提案
  • 宮本 俊幸
    2019 年 13 巻 1 号 p. 20-27
    発行日: 2019/07/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー

    離散事象システム・並行システムのモデル化言語の一つであるペトリネットは,1962年にカール・アダム・ペトリによって導入されて以来,様々な理論及び応用研究がなされてきた.ペトリネットにおける最も基本的な解析問題の一つに,与えられた状態に到達可能かどうかを判定する可達問題がある.可達問題は決定可能であるが,計算量が指数オーダとなるためペトリネットにおける諸性質の解析は容易ではない.近年の計算機能力の進歩や様々な手法の開発により,ある程度の規模のペトリネットまでは可達問題を解くことができるようになっている.本稿ではペトリネットの可達問題に対する最近の手法である,記号状態表現を用いる手法,アンフォールディングを用いる手法,モジュラー可達空間を用いる手法,モデル検査ツールを用いる手法を概説する.

ISEC研究会提案
  • 林 優一
    2019 年 13 巻 1 号 p. 28-37
    発行日: 2019/07/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー

    情報セキュリティ確保に関する重要性が日々増大する中,上位レイヤにおけるセキュリティ確保と同様,物理層におけるセキュリティ確保の重要性も高まっている.近年の計測器の高精度化・低価格化,計算機の高速化と記憶装置の大容量化に伴い,従来では技術的に困難だった高度な攻撃の脅威が増大しており,こうした脅威は軍事・外交分野のみならず民生品へと拡大している.本稿では,物理層におけるセキュリティの中でも,攻撃の痕跡が残り難いため,その脅威の検出が困難とされる電磁波を通じたセキュリティ(電磁情報セキュリティ)の問題に焦点を当て,民生用機器にも拡大している電磁波を通じた情報漏えいの脅威について解説するとともに,情報漏えいのメカニズム,そして,メカニズムに基づく上位レイヤのプロトコルやアプリケーションに依存しない情報機器全般に適用可能な漏えい情報の計測を困難化する対策手法を紹介する.

WBS研究会提案
  • 大内 浩司
    2019 年 13 巻 1 号 p. 38-46
    発行日: 2019/07/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー

    直交周波数分割多重(OFDM)方式は,電波無線通信を支える基幹技術の一つになっている.このOFDM方式を,強度変調を用いる光無線通信へ応用する研究が進められている.強度変調を用いる光無線通信では,送信信号は実信号かつ非負極性信号でなければならない.そのため,電波無線通信とは異なる工夫が必要となる.本稿では,光無線通信に適用できる基本的なOFDM方式として,主にDCO-OFDM方式,ACO-OFDM方式,Layered ACO-OFDM方式を取り上げ,その信号構成に関連する技術や通信性能について解説する.

US研究会提案
  • 竹内 真一
    2019 年 13 巻 1 号 p. 47-57
    発行日: 2019/07/01
    公開日: 2019/07/01
    ジャーナル フリー

    近年,医療分野や産業分野では,高強度超音波が広く使用されるようになってきた.このような高強度の超音波音場では,音響キャビテーションの影響によりハイドロホンの電極や圧電振動子が破損するため音場の測定ができなかった.そこで,我々は,音響キャビテーションの発生を伴う高強度の超音波音場でも破損せずに測定可能な堅牢ハイドロホンを開発している.本稿では,堅牢性もあり化学的にも安定な金属であるチタン製前面板(受音板)の裏面に水熱合成PZT多結晶膜を成膜し,背板にもチタンを用いることにより音響キャビテーションの発生を伴う強力な音場でも壊れないように工夫した強力超音波測定用の堅牢ハイドロホンについて報告する.

その他
ESSニュース
研究会に行こう!
国際会議報告
ワークショップ開催報告
受賞者の声
大阪大学豊中キャンパスだより
参加募集
論文募集
委員会・編集後記
feedback
Top