Experimental Animals
Online ISSN : 1881-7122
Print ISSN : 0007-5124
スナネズミ悪性黒色腫の組織培養に関する研究
森友 忠昭斉藤 寛史渡辺 翼望月 公子
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 40 巻 3 号 p. 385-388

詳細
抄録

我々は, スナネズミ悪性黒色腫を材料として細胞培養を試み, 得られた細胞系について性状を検討した。初代培養では多くの細胞の細胞質に多数のメラニン顆粒が観察された。しかし培養を続けるに伴い, メラニン顆粒は徐々に減少し, 継代15代目以降メラニン顆粒はすべての細胞で見られなくなった。細胞の形態は紡錘形, 星形または多角形など種々であったが, これらの細胞についてDOPA反応を行ったところ, ほとんどの細胞が陽性であった。しかし, Masson-Fontana染色では典型的なメラニン顆粒は観察出来なかった。電子顕微鏡検査では, 多くの細胞で良く発達したGolgi装置と粗面小胞体が観察され, また電子密度の高い物質を含んだpreme-lanosomeと考えられる小胞を有する細胞もしばしば認められた。これらの事から, 本細胞系はメラノーマの特徴を有する細胞系であることが示唆された。

著者関連情報
© 社団法人日本実験動物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top