ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
トピックス
思わぬ位置にあるグリシンの変異が芽胞光産物修復酵素の活性を変化させる
迫谷 有希子
著者情報
キーワード: 紫外線, 芽胞, DNA修復
ジャーナル フリー

2017 年 53 巻 12 号 p. 1216

詳細
抄録

芽胞は様々なものに耐性がある.紫外線にも耐性があり,栄養細胞の10~50倍とされている.芽胞は紫外線により,光産物SP(5-チミニル-5,6-ジヒドロチミン)を形成され,ゲノムが不安定になることなどの影響により,細胞死を引き起こす.本稿では,紫外線により芽胞に生じた光産物を修復する酵素の活性に関する論文を紹介する.
なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を紹介するものである.
1) Setlow P., J. Appli. Microbe., 101, 514-525(2006).
2) Linlin Yang et al., Front. Chem., 5, 14, 28(2017).

著者関連情報
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top