ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
最前線
漢方薬による感冒ならびにアレルギー疾患の治療原理への新たな視点
高橋 秀実
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2020 年 56 巻 3 号 p. 203-207

詳細
抄録

今から2000年ほど前、長沙の知事であった医聖・張仲景は、ウイルス感染に惹起する急性熱性病の治療体型を傷寒論雑病論に葛根湯・桂枝湯・麻黄湯などの発汗解表薬として紹介した。本総説では、こうした発汗解表薬の意義について現代免疫学的視点から考え、その機序がアレルギー疾患の制御にも通ずるものであることを提示し、漢方薬によるアレルギー疾患に対する治療法について新たな視点からえてみたい。

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top