日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
経験
モサプリドクエン酸塩錠を前処置に用いた午後施行上部消化管内視鏡検査の経験
村上 真基杉山 将洋
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 55 巻 2 号 p. 300-303

詳細
抄録

目的:上部消化管内視鏡検査(EGD)を午後に行う際に,消化管運動促進作用を有するモサプリドクエン酸塩錠を前処置薬として投与する有用性を検討した.方法:朝食直後にモサプリドクエン酸塩錠15mgを内服し,その後6時間の絶食を経て午後にEGDを行い,胃内残渣の有無を調べた.また,患者アンケートにより絶食の苦痛や空腹感について調査した.成績:連続53例の検査で胃内残渣残留は1例も認めなかった.アンケートでは絶食の苦痛,空腹感ともに概ね問題がなかった.結論:本剤を用いた内視鏡前処置で胃内は良好な観察が可能であった.本手技は午後のEGDを行うための有用な手段であると考えられた.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top