群馬保健学研究
Online ISSN : 1343-4179
ISSN-L : 1343-4179
国内文献検討からみた気管切開下の人工呼吸器装着の児に対する訪問看護の課題
梨木 恵実子田村 直子牛久保 美津子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 41 巻 p. 19-27

詳細
抄録

本研究は,気管切開下の人工呼吸器(TPPV)を装着した児への訪問看護に関する国内文献検討を行い,訪問看護における課題を明らかにすることを目的とした。医学中央雑誌 Web(Ver.5)を用いて,検索語は「人工呼吸器or人工呼吸療法or気管切開or TPPV」,「小児or 医療的ケア児」, 「在宅看護or訪問看護」とし,小児の訪問看護が制度化された1994 年以降を対象期間とした。結果,分析対象論文は19 件であり,「家族の理解と支援」に関する文献が6件と最多であった。TPPV装着児への訪問看護の課題は,《児と家族の関わりに関する訪問看護師のスキル向上》,《訪問看護に関連する制度の見直しの必要性》,《訪問看護師の確保》,《地域連携・地域ケア体制の整備》,《退院支援の強化》,《社会への発信・研究の必要性》の6カテゴリが抽出された。家族への支援や多職種協働による包括的なケアを提供できるように訪問看護師のスキルを高めること,TPPV装着児に焦点をあてた研究を推進することが必要である。

著者関連情報
© 2021 国立大学法人群馬大学
前の記事 次の記事
feedback
Top